【セカンド女子】誰かに依存はしたくない!婚外子として生まれた自分と、母親の姿が重なった日~その1~

【セカンド女子】誰かに依存はしたくない!婚外子として生まれた自分と、母親の姿が重なった日~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるメーカーでマーケティングの仕事をしている赤田淳子さん(仮名・33歳)。長い黒髪は後ろの低いところでまとめており、前髪やおくれ毛は一切なし。キレイな輪郭に、目鼻立ちがハッキリとした美人で、やや吊り上がった瞳からは意思の強さを感じます。服装は背中に深いVの入ったカットソーに、ハイウエストのデニムを合わせています。美人で気の強そうな感じから、誰かの浮気相手として甘んじている姿がまったく想像できません。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で、母親と、母親の妹、私にとっては叔母との3人家族です。父親はいたんですが、別に家庭があって一緒には暮らしていませんでした。私は母親が父親との不倫でできた子供で、婚外子ってやつです。母方の祖父母はどちらも早逝していて、母の実家で独身の叔母さんと今も一緒に暮らしています。

小さい頃の記憶にある母親はとにかく気分屋、子育てにはオンオフがあるような人で、私の世話は叔母がよく見てくれていました。複雑な家庭の子ってどこか卑屈に見られがちですが、私はそんな世論に絶対負けたくないと昔から勉強を頑張っていました。人間は、自分より地位が低いと思った人にだけに高圧的な態度を取ることに気づいていましたから。親の人生ではなく私の人生と割り切ることが大学に進学したぐらいからできるようになって、色々と平気になっていきましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。高校生までは異性に一般的な興味はあったんですが、自分から行動しないと何もありませんでした。たまに言い寄られることもあったんですけど、こちらが興味ない人に好かれることが少し気持ち悪くて。大学で付き合った男性はその気持ち悪さが唯一ない存在だったので、いいかなって」

しかし、彼は別れ話で揉めてストーカー化。友人たちを交えての話し合いを何度も重ねて、やっと別れることができたのだとか。

「付き合っている時は淡泊で浮気もされたことがあるのに、いざ私が別れたいというと泣いてすがりついてくる。それを何度か繰り返しているうちに、別れたくないことを言葉でなく態度に示すようになりました。私はコンビニでアルバイトをしていたんですが、ずっと外で待たれることが続き、彼に対して恐怖を覚えていきました。共通の友人たちも彼の異常性に気づいて、2人にさせたら危ないということで何度もみんなを交えて私たちカップルの別れ話をしました。何度話しても平行線だったことに、彼にというより友人に迷惑をかけてしまっていることが辛くて思いっきり取り乱して泣いてしまったことがあったんですよ。彼はその姿に失礼ですけど引いたみたいで(苦笑)。それでやっと別れることができましたね」

社会人になり、結婚願望を露わにされた付き合いで見えた自身の結婚観

1 2
仕事運 占い 恋愛講座 恋愛 アラフォー 浮気事件簿 美人探偵 アプリ 不倫 セカンド 婚活 貧困女子 恋愛運 キャリア アラサー 浮気 結婚 運勢 金運 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。