『バチェラー・ジャパン』シリーズをいちばん身近で見ていた男・坂東工さんが語る、“ハイスペック男子を射止める策”~その1~

『バチェラー・ジャパン』シリーズをいちばん身近で見ていた男・坂東工さんが語る、“ハイスペック男子を射止める策”~その1~

 Amazon Prime Videoで9月13日(金)から独占配信されている『バチェラー・ジャパン』のシーズン3。3代目バチェラーである友永真也さんを巡って壮絶な戦いが繰り広げられています。回を増すごとに女性たちがヒートアップしていますね!

そこで今回は『バチェラー・ジャパン』の裏側を知る男・坂東工さんにインタビューしました。シーズンを通して見たことがある人であれば、彼のことをご存知ですよね!?そう、カクテルパーティーで終了の合図を告げる「チリンチリン」という鈴の音とともに現れる名司会者です。シーズン1、2、そして3でも坂東さんは、バチェラーと女性たちの“愛の劇場”を近くで見てきています。なぜ彼女が選ばれて、あの人は選ばれなかったのか。その理由を客観的に見ている坂東さんに聞いてきました!

坂東工さん……1977年生まれ、『バチェラー・ジャパン』の司会はこれで3シーズン連続。俳優のほかに、映画やドラマの衣装デザイン、レザー・アーティスト、画家としても活躍している。2019年、アーティストたちが世界に向けて作品を発表するオンライン美術館「iiwii(イーウィー)」を立ち上げるなど活動の幅を広げている。

好意を積極的にアピールしてくれるのはうれしい!

――バチェラーを近くで見ていた坂東さんだからこそわかる「ハイスペ男子はここが好き!」というリアルな意見を知りたいです。シーズンを通して、女性たちのどんな行動が効果的に見えましたか?

「あれだけの人数の女性たちがいるので、選ぶことはバチェラーも苦労されていると思います。それぞれの方々が考える選択の基準はわからないですが、統一していえるとしたら“見えないところでの気遣い”ではないでしょうか。カクテルパーティーで飲み物を持ってきてくれるとか、酔っ払ってきたなと思ったら、ノンアルコール飲料を持っていくとかね。

あとは、言葉遣いのうまさもあります。礼儀正しいだけじゃなく、人の心に入っていくような言葉を使われる女性がいるんですよ。具体的にコレ!というのは難しいのですが、バチェラーが今、どういう気持ちでいるのか、どういう言葉を求めているのかを察知して、自然にそれを与えられる。そこでいきなりボディータッチから入ったりすると、男は引いちゃう!もしするなら、少しだけ“ちょい触り”ぐらいがちょうどいい。心を込めた声がけがうれしそうだな、という印象を受けました」

――坂東さん自身は、出演者の女性たちとお話をする機会はあるんですか?

「僕が女性たちとお話することは、ほとんどないです。お会いするのも、カメラが回っているときだけですね。カクテルパーティーで終わりの鈴を鳴らしに行くのですが、ときに収集がつかないこともありまして……。それぐらいみなさんヒートアップされているんですよ。お酒が入ると、話が聞こえなかったりするもんですよね(笑)。シーズン1でいうと、岡田ゆり子さんが『まだ話したい!』と主張されたときがありました。バチェラーからリクエストをもらって、お時間を作ったことも。歴代の女性たちも今回もみなさん、それはそれは、わがままな子たちで(笑)。でも恋愛には、それぐらいのパワーは必要だと思いましたね」

――例えば、カクテルパーティーで誘われ待ちをするよりも「次は私と話してください」と誘う人のほうが選ばれる確率は高いですか?

「積極性は大事だと思いますよ。気がないのかな? と思ったら、男性からはいかないですよね。男の人のほうが臆病なので、最初から好きですと言わないまでも、好意をアプローチしてくれるのは、うれしい。もちろん誘うことに勇気がいることもわかります。だけど、大勢の中で抜きに出たいのであれば、気持ちの大きさを相手に伝えられたもの勝ちなところはありますよね。それが大変なんですけど」

1 2
不倫 恋愛 恋愛講座 時短 貧困女子 金運 アラサー 婚活 占い アラフォー 浮気事件簿 アプリ キャリア 恋愛運 美人探偵 運勢 結婚 浮気 セカンド その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。