「逃げ」を選ばず正面からぶつかる不器用さは、今の時代に一番必要?『宮本から君へ』で見せた池松壮亮の熱量がすごい~その1~

「逃げ」を選ばず正面からぶつかる不器用さは、今の時代に一番必要?『宮本から君へ』で見せた池松壮亮の熱量がすごい~その1~

読めば心が揺さぶられる、伝説の漫画『宮本から君へ』がついに映画化、9月27日に公開を迎えます。

主人公・宮本浩を演じる池松壮亮さんに、映画について、ご自身の人生観や仕事ついて、深~く伺ってみました。

(池松壮亮さん……1990年7月9日生まれ、福岡県出身。2001年にミュージカル『ライオン・キング』のヤングシンバ役でデビュー。映画『ラストサムライ』『ぼくたちの家族』、『紙の月』、『斬、』ドラマ『MOZU』などに出演し、その実力を高く評価されている。)

今の世の中は“苦しみ”を逃がす方向に動いている

―映画『宮本から君へ』の原作は新井英樹氏の漫画で、バブル経済が崩壊しかけた1990年に連載が始まった伝説的な作品です。主人公はバブルで浮かれる世の中なのに、ひたすら正論を振りかざし、まっすぐに生きる、熱血営業マン・宮本浩。原作は多くの著名人にファンがおり、池松さん自身もその一人だと伺いました。

映画では、宮本が人生最大の困難に直面し、正面からぶつかって、傷つきながらも立ち上がる姿が、これでもかと描かれています。

池松さんご自身は、ピンチに遭ったらどのように打開するのでしょうか。

池松:僕はひた隠しにしていますが(笑)、宮本と似ているところがあります。八方ふさがりの状況があると、そういうものを回避するという選択肢を持ち合わせていないんです。だから正面からぶつかって、努力を続けてしまいます。

しかし、社会は僕に回避ばかりを教えてくれるのです。

これは、苦しみを逃がして楽になることを、社会全体が推し進めているような気がするんですよ。しかし、僕は“苦しみは逃がした方がいい”と推されるほど、嫌になるタチなんですよ。

―困難があれば、思索をして、何度も何度も同じところを回ると言う池松さん。

池松:そもそも人生において、自分の描いた理想に、到達したためしがありませんので、試行錯誤するしかないんです(笑)。逃げたい気持ちはもちろんありますが、選択肢があると、苦しくなる方を選んでいるんだと思います。

今の世の中は情報があふれ、どんな問いに対しても、すぐに答えが見つかります。でも、一生かけても答えが見つからない、禅問答のような問いもあります。そんな問いが目の前に現れるというのは、すごいことだとも感じるのです。

ただ、その圧倒的な問いに向き合えば、人は戸惑うし、思考もさまよう。打開案だって見つからない。それならば、探し続ければいいんです。おじいちゃんになっても答えがわからなければ、次の世代にその問いを手渡せばいいのだとも思うのです」

小さな変化を自分の中に起こし、大きく自分を変えていく……

1 2
結婚 婚活 美人探偵 恋愛講座 その1 アラフォー 浮気事件簿 運勢 アプリ 時短 占い 恋愛 アラサー セカンド 恋愛運 浮気 不倫 キャリア 貧困女子 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。