秋の京都は伏見がオススメ!坂本龍馬や日本酒を巡る穴場スポット4つ

秋の京都は伏見がオススメ!坂本龍馬や日本酒を巡る穴場スポット4つ

秋は多くの観光客で賑わう京都、伏見も人気のエリアとなっていますが、穴場スポットも多く存在しているんですよ。伏見に行ったらぜひ立ち寄ってほしい、スポットをご紹介します。

(1)古都の水路を行く、「十石舟・三十石舟」

伏見へは京阪本線、近鉄京都線、JR奈良線とさまざまなアクセス方法があり、京都駅からは25分前後と訪れやすいスポットとなっています。

最初にご紹介するのは、昔の水路輸送船で京都の四季を巡れる「十石舟・三十石舟(じっこくぶね・さんじっこくぶね)」。昔京都では水運を利用して、大阪と京都間にお酒やお米が運ばれており、観光として復刻されたものだそう。川の景色からは四季折々の京都を楽しめ、また、舟内では、江戸時代からの伝統の鼻歌や観光ガイドのアナウンスから伏見の歴史を知ることができます。

こちらは今回乗船した十石舟。

9月には青々と茂る木々のトンネルの中をくぐります。

日本の新婚旅行の第一号といわれるお龍・龍馬のカップル像も舟から確認できますよ。

十石舟の所要時間は約50分。今回は時間の都合で体験できなかったのですが、往復する間には三栖閘門下船を合わせて見学することが可能です。

今は秋の就航期間となり、十石舟は定期運航していますが、三十石舟は運航期間が決まっています。詳しくはページ一番下にあるホームページにてご確認ください。

舟から見えるほど近い距離には、坂本龍馬が襲撃された場所「寺田屋」もありますよ。こちらは見学できるほか、今でも宿泊することも可能です。

寺田屋は、先ほどご紹介した「十石舟」の舟宿だったそう。寺田屋事件の際、坂本龍馬の妻・お龍もその場に居合わせ、一階の入浴中だったお龍は二階にいた坂本龍馬に裸のまま急を知らせたという話は有名ですよね。その現場がまさにここなのです!坂本龍馬が愛用していた部屋の入り口の柱には、なんと龍馬が剣士に襲われた際の刀痕が残っています!さらには弾痕も!

宿泊は素泊まりで6,500円とのこと。

坂本龍馬の愛室には絵像が飾られています。

刀痕は今もハッキリと残っています。

当時坂本龍馬、妻のお龍の思いに触れることのできる場所。カップルで訪れるのもオススメのスポットですよ。

十石舟
秋季運航期間:~2019年12月8日(日)
運休:12月2日
出航時間:10:00・10:20・10:40・11:00・11:20・13:00・13:20・13:40・14:00・14:20・14:40・15:00・15:20・15:40・16:00・16:20 ※11月25日からは15:40が最終便
料金:大人1,200円(中学生以上)・小人600円(小学生以下)
乗船場所:月桂冠大倉記念館裏 河川沿い
URL:http://kyoto-fushimi.or.jp/ship/

寺田屋
見学時間:10:00~16:00 ※受付は15:40まで
料金:一般400円、中・高・大学生300円
定休:月曜
住所:京都市伏見区南浜町263

1 2 3
アラサー 運勢 マッチングアプリ 金運 その1 占い アラフォー セカンド 恋愛運 アプリ 恋愛講座 浮気事件簿 貧困女子 結婚 不倫 婚活 浮気 キャリア 恋愛 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。