‟妊活”して半年以内に妊娠できるのは2人に1人。約2割は妊娠するまで1年以上かかっていた!

‟妊活”して半年以内に妊娠できるのは2人に1人。約2割は妊娠するまで1年以上かかっていた!

女性の社会進出によって晩婚化が進んでいると言われていますが、それに伴い遅くなってきているのが、出産年齢。厚生労働省が平成25年11月に発表した人口動態調査によると、初めて出産する女性の平均年齢は30.4歳となっているようです。そのため、自然妊娠を待つのではなく、妊活に取り組む女性も増加。また妊活もなかなか思い通りに進まず、ストレスを抱える女性が増えていると言われているのです。

そこで今回のテーマは、「妊活の実態」について。妊活ストレスとパートナーの関係について、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』が全国の15歳~44歳の女性600名に調査。その結果をもとにその実態を調べてみました! 

半年以内に妊娠できたのは半数、約2割が1年以上かかっている

妊娠をしたいと望んでから妊娠するまでにかかった月数を尋ねたところ、最も多かったのは「3か月以内」で約3割。半年以内に妊娠できた人は約55%でした。一方、2割以上の人が1年以上の妊活期間を経て妊娠したことが判明。妊娠は体質、体調、精神的な影響など多くの影響を受けるため、予想以上に大変なことがわかります。

★妊活開始から妊娠までかかった月数は?
~3か月以内    28.8%
4か月~6か月    25.8%
7か月~9か月    10.1%
10か月~12か月   14.5%
1年~1年半    7.7%
1年半~2年    7.1%
2年以上      6.0%

ちなみに、厚生労働省の2014年の調査によると、現在の出生数は平均1.43人。一方で、ルナルナが妊娠を望んでいる人に調査したところ、欲しい子供の人数は、6割の人が「2人」と回答。3人以上と答えている人も3割程度いて、9割以上の人が2人以上の子供を考えていることが判明しました。このことから、出生数の低さは、結婚・妊娠を望まない人が増加しているだけでなく、妊娠を望んでいてもなかなかできない人や、労働環境や育児環境が整っていないことから2人目を断念している人が多いという現状が影響していることがわかります。

★子供は何人欲しいと考えていますか?
2人   61.6%
3人   30.1%
4人以上  1.9%
1人    6.4%
0123kenjyo1

妊活中の女性の9割近くがストレスを感じている

芸能人の妊活発表なども話題になり、最近では「妊活」をオープンにしている人も増えてきました。しかしその一方で、実は予想以上に妊活中のストレスを感じている人が多いこともわかっています。その数、実に9割近く。妊活を始めると、ほとんどの人が何かしらの不安やストレスに悩みを抱えてしまうようです。

★妊活中にストレスを感じたことはありますか?
はい  86.1%
いいえ 13.9%

▼妊活中のストレスについては次ページで詳しく解説します!

1 2
運勢 セカンド アプリ 貧困女子 アラフォー キャリア 恋愛運 結婚 その1 婚活 恋愛講座 浮気 金運 時短 占い アラサー 不倫 美人探偵 恋愛 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。