『バチェラー・ジャパン』3代目バチェラー・友永真也さんは“本気の婚活”だった!ハイスペ男子の本音は?~その1~

『バチェラー・ジャパン』3代目バチェラー・友永真也さんは“本気の婚活”だった!ハイスペ男子の本音は?~その1~

婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』のシーズン3がAmazon Prime Videoで9月13日(金)から独占配信中。SNSなどでは「シーズン3が一番おもしろい!」、「友永さんの人間力に惚れる!」、「歴代のバチェラーより結婚に対して本気度を感じる!」など、エピソード1から好感度がすこぶる高い。容姿がかっこいいのはもちろんですが、女性への気遣いやノリの良さ、肉食系の男らしい対応も高評価のようです!神戸ご出身ということもあって、関西弁でフランクに話してくれるのもいいですよね。

そんな友永さんが最後に選んだ女性とは……!? “本気の婚活としてのバチェラー”を語ってくれました!

友永真也(31)さん。3代目バチェラー。1987年兵庫県生まれ。中学・高校時代をフランスで過ごし、帰国後、甲南大学経営学部を卒業。2010年より父が経営する医療法人の理事を務め、2015年、自身の会社を起業。フランス留学時のネットワークと語学力を生かし、化粧品やアパレルの輸入貿易業を始める。趣味はゴルフ。愛車であるフェラーリ、ポルシェ、マセラッティでドライブをするのも好き。

本音と行動が合わない人は好きにはなれない

―――過去にお付き合いされてきた女性とは、結婚を考えたことはなかったのですか?

「そうですね。僕に結婚願望がまったくなくて。そのとき楽しければいいやという気持ちでお付き合いをしている方が多かったです。結婚という未来を見ていなかったから、長期でお付き合いすることもなかったんですよ」

―――そうなんですね!バチェラーには結婚を意識して参加されたと思うのですが、そのきっかけはあったんでしょうか。

「愛犬との別れです。本当の家族であり、妹であり、嫁だった。僕のすべてを支えてくれていた存在だったので、いなくなってパートナーを見つけたいと思うようになりました。愛犬との別れは結婚を考えるきっかけになったと思います」

―――友永さんの求める女性は「心が強い人」と、初めからおっしゃっていましたね。強い女性が好きな理由が知りたいです。

「心が強い方のほうが、お付き合いしたときに同じ感覚で楽しめると思うんですよね。心が弱くてすぐに折れちゃう人だと多分、僕とは一緒にやっていけないと思う。僕のペースについていけないというのもあるし、もしも僕が今後全財産を失って、ゼロからスタートしなくてはいけなくなったときに、共に頑張ってくれる人がいいですね。だから、結婚した後でも自立は絶対にしていてほしいです。もしも彼女が自立していないのであれば、僕が彼女がしたいことを考えて準備をするお手伝いはしたいですね」

―――もしかして友永さんって、尽くすタイプなのですか…!?

「そうですよ!こうしてほしいとか、アレやってとか言うほうじゃないです。自分が尽くしてしまいますね」

―――それはけっこう意外でした!女性達の中には尽くすタイプの方もいたように思いますが、「これは心を動かされたな!」というアピールは何でしたか?

「印象に残っていることはたくさんあって……。うーん、難しいですね。その中でも僕が本当にうれしいなと思ったのは、エピソード7でウエディングドレスを着て写真を撮るデートがあったんですが、岩間(恵)さんがギュッと飛び込んできてくれたのはうれしかったです。そのときすごく距離が縮まったと思いました。抱きつかれたことが、めっちゃうれしいなって思ったんですよね」

1 2
恋愛講座 浮気事件簿 婚活 不倫 アラフォー 美人探偵 運勢 貧困女子 金運 占い その1 セカンド 時短 アプリ 恋愛運 キャリア 浮気 恋愛 アラサー 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。