【私の場合】男性先輩社員のパワハラがセクハラに…ボイスレコーダーは助けてくれなかった~その2~

【私の場合】男性先輩社員のパワハラがセクハラに…ボイスレコーダーは助けてくれなかった~その2~

ハリウッドから端を発した性暴力被害者に連帯する「#metoo」の世界的な広まり。多くのセレブや著名人が意思を表明しています。

お話を伺った石黒紀香さん(27歳・仮名・美容関連会社勤務)は、2回のセクハラを受けていました。まずは新卒から1年半、大手企業で働いていた時のセクハラについて振り返ります。

その1はこちら

28歳の男性の先輩から、パワハラとセクハラを受けていた石黒さん。先輩は残業時にうな重を勝手に出前で取り、そして2人きりの会議室で食べさせられ、彼女を襲ってきました。

「こっちは逆らうのが怖いし、1年半にわたり、支配関係ができていたので、黙って食べるじゃないですか。食べ終わってデスクに戻ろうとすると、『俺のコッチも元気出てきた。ウナギって食べると精力がついて、むらむらくるよな』と言って抱きついてきたんです」

その時、石黒さんは身の危険を感じ、ボイスレコーダーで録音していました。これが自信となり、必死で跳ねのけて逃げたそうです。

「その翌日、先輩が先に部長に『石黒は仕事を放棄した』と怒りの報告していたんです。私に対しても無視。あれだけ仕事を与えてきたのに、その翌日からストップ。私もどうしていいかわからず、女性の先輩に相談したら、『石黒さんと彼は社内恋愛しているんだと思っていた。みんなそう感じているはず』と言うんです。人事に録音データを持って行き、吐き気を催しながら再生しても『だって、石黒さん、うな重食べたんでしょ。いい先輩じゃない。』と言われる。社内的には先輩は仕事がデキるから、会社はそっちを優先するんです」

結局、20日の有休を消化して、会社を辞めたそうです。

「人事は異動の話も打診してくれたのですが、超辺鄙な地方支社とか、明らかに適性がない部署ばかり。異動を受け入れて、安定をとるのもアリだと思ったのですが、明らかな被害者は私なのに、私ばかりが損をするのは嫌だと思い、退職しました」

しかし退職後も、先輩のアプローチは続いていました。

「Facebookのブロックはしたのですが、LINEはブロックを忘れていた。辞めてから1か月くらいしたころに、『今日何しているの?』とメッセージが入り、ゾッとしてブロック。すると実家の前の電信柱の陰から『無視しないでよ』と先輩が出てきて、ダッシュで家に戻り警察に通報。その後の話を聞くと、先輩は『石黒は俺のことが好きだけど、オクテだからこちらが積極的にならなくては』と思っていたみたいです。あいまいな態度をとった私が、悪者にされていました」

半年間、通院をしてメンタルを回復し、女性が多いマスコミ系の会社の派遣社員に。

1 2
アラフォー 結婚 婚活 アプリ 運勢 浮気事件簿 浮気 恋愛 占い 金運 美人探偵 恋愛講座 アラサー キャリア 貧困女子 セカンド 恋愛運 不倫 時短 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。