堅実女子ニュース&まとめ 台風、地震と相次いで発生する災害……でも4人に1人は避難場所を把握していないという現状

先日の台風15号や19号をはじめ、全国各地で発生する地震など、災害の多い国に住んでいることを改めて実感している堅実女子も多いのではないでしょうか。これを機に、防災グッズを揃えた人もいるかもしれませんね。

今回は、株式会社エヌ・シー・エヌが実施した「災害時に安心・安全だと思う場所に関する意識調査」をもとに、私たちの災害に対する意識ととるべき基本的な対策を見ていきましょう。

日本全国どこに住んでいても、災害に遭う可能性があります。いざというときに取るべき行動、普段からきちんと把握していますか?

「外出しているときに地震が発生したら、どうしよう……」「どこにいれば安全なのかな」と不安な堅実女子も少なくないでしょう。では、どこにいたら安心・安全だと感じるのでしょうか。

ちなみに本調査では、「安心」を心が安らぐ・落ち着くかどうかの主観的な気持ち、「安全」を倒壊しにくい・しやすいなど機能・構造面での客観的な根拠に基づくものとして定義しています。

自宅の耐震機能、きちんと把握している?

まず、大きな地震が発生した際に「安心」だと思う場所を質問したところ、1位「自宅(49.5%)」2位「指定の避難場所(34.6%)」3位「近隣の学校(26.6%)」と半数近い人が自宅と回答していることがわかりました。何がどこにあるかを把握している住み慣れた自宅にいると、やはり心強く感じるのでしょうか。

しかしながら、「安全」面になると話は別。自宅を「安心」と回答した人の約4割は「自宅は『安心』だが『安全』ではない」と考えているよう。

さらに、そもそも自宅に耐震性能が備わっているかどうか(耐震等級1以上を有する住宅)について質問したところ、注目すべき結果が出たのです……!

1 2