夢は走りながらブラッシュアップ!こだわりの入浴料で29歳に起業したパワフル女子~その1~

夢は走りながらブラッシュアップ!こだわりの入浴料で29歳に起業したパワフル女子~その1~

ふと訪れる「このままでいいのだろうか?」という不安。自分が一生を生きていくなかで冒険をするならば早い方がいいのでしょうか?でも自分自身が得た職場も、見知らぬ誰かと競った結果得たもの。働く女性のなかで起業という選択肢を選び、いまも進み続ける女性たちはどうやってそのステップへと踏み出したのでしょうか。

今回は、29歳でオーガニック入浴料の開発の道へ挑戦した女性が主人公です。

言葉にできないモヤモヤからテレビ番組をきっかけに準備なしに独立

今回お話を伺ったのは、奈良県奈良市にて2016年に起業したチアフル株式会社の松本梓さん。自然素材のみを使ったお風呂のハーブのブランド「jiwajiwa」を立ち上げ、企画販売を行なっています。

「jiwajiwa」のきっかけになった大和当帰で作った入浴剤を持つチアフルの松本さん。

松本さんは神戸の大学を卒業後、大阪の大手住宅メーカーに入社。入社から4年間は営業、その後は宣伝部に配属。仕事にやりがいは感じつつも、なんとなく自分の毎日に対して考えるようになっていました。

「入社して7年経った頃、29歳になってキャリア選択や働き方のことでモヤモヤしていました」

29歳は、働いているうえで一つの分岐点となる年齢です。仕事も一通りこなせるようになり、人によっては役職についたり、部下を持つ立場になる人もいます。そのときに松本さんは「自分で何かしたい気がする」「地元のことに携わりたい気がする」「女性だから出来ることをしたい気がする」……と想いを巡らせるようになっていました。走り続けているなかで突如訪れたなんとも言葉にできないモヤモヤでした。

「そんなときにビジネスドキュメンタリーの番組を見たのです。四国を拠点に、日本の地方を元気にしようという会社の方で、ぜひ一緒に働きたいと思ってホームページを見てみました。いくつかの採用の応募がある中で『起業家、募集』とあったのが気になり、説明会はないか問い合わせしました。すると、愛媛に来てください、と返信がやってきたのです。起業準備金を出資しましょう、というお話になったんです。びっくりしました」

大手住宅メーカーを終身雇用で務めるつもりだったのに。そんな気持ちは番組を見た感動で一瞬でひっくりがえり、こんなチャンスを逃しては後悔すると起業準備もしていないのに退職することを決意。なんと起業準備金までゲットしてしまうのです。なんたる強運!

でも自分の起業のスタート時を振り返り、松本さんは自分自身の性格を机にじっと座って策を練るタイプではないと振り返ります。

「ブランディングや商品開発などの本もたくさん読みましたが、想像力があまりたくましくないので、ぴんと来ないのです。新しくスポーツをはじめるときルールブックばかり読んでも、素振りやポジション別の練習をして、練習試合や実践試合をして、その繰り返しをしないと上達しないのと思うので、事業もそうだと思うのです」

とにかく実践すること。自分の経験値と勢いを信じて会社を辞めたのは、番組を見てから6か月後のことでした。運のつかみ方はさまざまありますが、松本さんの場合は自分の感性に従って情報を掘り進めていくうちに、鉱脈を見つけた「発掘型」のようです。

1 2
その1 不倫 恋愛運 結婚 浮気 キャリア 時短 アラフォー 婚活 金運 占い セカンド 恋愛講座 アプリ 美人探偵 貧困女子 アラサー 運勢 浮気事件簿 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。