母性内科・荒田尚子先生のプレコン講座2|低容量ピルのことをもっと知りましょう! 

母性内科・荒田尚子先生のプレコン講座2|低容量ピルのことをもっと知りましょう! 

コンセプション(conception)とは妊娠や受胎という意味。プレ(pre)はその前という意味です。将来、妊娠するかもしれない自分のために、今から心身をケアすることが「プレコンセプションケア」です。専門医、荒田尚子先生(国立成育医療研究センター)から働く堅実女子の抱える健康トラブルについて、プレコン視線のアドバイスを伺います。

あなたは答えられる?「低用量ピルのLEPとOCは何が違うの?」

月経困難症の人向けの低用量ピルと、避妊用の低用量ピル、実は成分は同じ。「そんなの知ってる」という方はオッケー。「えっ、そうなの!?」と驚いた方、ピルについての知識を身につけましょう。月経痛に悩まされている人はなおさらです。

日本で低用量ピルが発売されたのは1999年のことです。もともと避妊薬としての発売でしたが、避妊効果以外に、月経痛の改善などに効果があることが知られていました。そこで2008年、避妊用の低用量ピルと同じ薬剤で月経困難症の治療薬として発売され、こちらをLEP(Low dose Estrogen Progestin)と呼ぶようになったのです。一方、避妊薬としての低容量ピルは経口避妊薬OC(oral contraceptives)と呼ばれます。

荒田先生は、毎月、月経痛に悩まされている人は、早く婦人科を受診してほしいと言います。

「LEPは月経困難症の治療薬なので、医療保険が適用されます。ひとつ気をつけてほしいのは、薬も相性があること。その人に合うLEP、合わないLEPがあり、服用後しばらくは様子をみる必要がありますね。でも、もし1つのLEPが合わなかったとしても心配いりません。今はたくさんの種類がありますから。自分に合ったLEPを先生に見つけてもらうことが大切です。そのためにも、できれば早いうちに婦人科の主治医を見つけておくといいでしょう

日本にはそういう仕組みがないのですが、フランスには高校生からひとりひとりに婦人科の医師が主治医としてつく制度があります。地区ごとに、相談室のようなセンターがあるのです。

もしかしたら読者の中には、以前、低用量ピルを服用したが体に合わなかったという経験をお持ちの方がいるかもしれません。現在、ピルの種類は増え、処方する医師の技術も上がっているということなので、「自分には合わない」と決めつけず、婦人科の医師に相談してみるといいでしょう。

「身体のことや性のこと、何でも医師に相談できるというのがいいですよね。日本にもこういう仕組みができるといいですよね。何でも話せる婦人科の先生を見つけておくことが、プレコンセプションケア(妊娠前からケア)になりますから

1 2
運勢 恋愛 その1 恋愛講座 婚活 アラフォー 不倫 金運 恋愛運 アプリ 浮気 キャリア 結婚 貧困女子 浮気事件簿 時短 アラサー 美人探偵 占い セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。