すりこみの怖さ…ブスじゃないのに苦しんできた彼女~その2~

すりこみの怖さ…ブスじゃないのに苦しんできた彼女~その2~

外見はいたって普通、もしくはかわいいと言ってもいいくらいの人が、自分のことをブスだと思い込んでしまっていることがあります。

彼女たちはなぜ、自分のことをブスだと思ってしまうのでしょうか。今回は、母親から「ブス」と言われて育ったアキさんのお話を伺いました。~その1~はコチラ

取材後しばらくしてアキさんに変化が

アキさんに取材して数か月が経ち、今度はアキさん自身からこちらに連絡がありました。

なんでも、報告があるので会って話がしたいとのこと。

近くのカフェで待ち合わせしたのですが、そこに訪れたアキさんはまるで別人のようでした。

前回はどことなく背中も猫背気味で、目立たないように目立たないように歩いてくる印象でしたが、今回はなんというか、毎日が楽しそうな女性……そんな印象でした。

そして一番驚いたのが、マスクをしていないということ。

アキさんのトレードマークになっていたマスクをしていなかったのです。このアキさんの変わりようでなんとなくうすうすは感じ取ってしまったのですが、彼女の報告……それは彼氏ができたということだったのです。

前回は見ることができなかったアキさんの笑顔をずっと眺めることができて、こちらまで嬉しい気持ちになりました。

彼とは同じ会社なのだそうですが、アキさんがマスク姿で仕事をしている時から、彼はずっと毎日ひたむきに頑張って仕事をしているアキさんのことが気になっていたそう。

彼がアキさんに声をかけ、何度か一緒に出掛けたりするうちに付き合うようになったのだそうです。

正直、付き合うようになってからも体の一部化したマスクを取るのにはかなり勇気がいったそうなのですが、彼からこういわれたことでアキさんの気持ちにも変化が訪れました。

「そんなにきれいな目をしているんだから、マスク姿じゃもったいないよ」

アキさんは彼のその言葉に対して、はじめはどこか疑いの気持ちもあったと言います。でも、はじめて好きだと言ってくれた彼のために、自分も変わってみようとアキさんは決心したのです。

それからというもの、まずはずっと気になっていたマスクのあたりの肌荒れを治すためにしばらく皮膚科にも通ったそう。

そしてマスクが取れる頃には、アキさんは少しずつ自分に自信を持てるようになっていったのです。

「今思えば、どうしてあんなに自分で自分を責めるような毎日を送っていたのか不思議なくらいなんです」とアキさん。

 こうして彼のおかげで毎日を楽しく過ごせるようになって、本当に彼には感謝しているそう。

 「自分という人間自体は彼と出会う前も後も同じはずなのに、気持ちの持ち方でこんなにも変われるんだと自分に少し自信が持てた気がします」

1 2
セカンド 美人探偵 時短 運勢 恋愛運 キャリア 浮気事件簿 アラサー 占い アラフォー 貧困女子 金運 恋愛 恋愛講座 結婚 アプリ 婚活 その1 浮気 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。