【こんなはずじゃなかった海外生活】環境の変化、精神的ストレス、そして離婚。日本で気づかなかった夫婦の違和感~その1~

【こんなはずじゃなかった海外生活】環境の変化、精神的ストレス、そして離婚。日本で気づかなかった夫婦の違和感~その1~

海外赴任をすると家族の絆が強まると言われていますが、実際はどうなのでしょう。

一般的に、言語や文化の違いから生活に制限が生まれ、家族での行動が多くなることから家族の関係が深まると言われていますが、一方で家族でいる時間が増えるからこそ生まれる違和感に気づく人も。

今回は、配偶者の海外赴任で家族関係が崩壊してしまった美香子さん(38歳)に海外生活の実態を語ってもらいましょう。

約7年前にご主人の転勤でアメリカに移住し、5年間の海外赴任生活を体験。その後、ご主人の日本帰任を期に、ひとり娘と共にアメリカ移住を決意したという美香子さん。

「実は夫の帰任を期に離婚をしたんです。私は約1年前から娘とニューヨークに移住。現在は大学に通いながら、日本食のクッキングスクールをやったり、テーブルウェアのワークショップを行ったりして、シングルマザーをがんばっています」

現在は、充実したシングルマザーライフを送る彼女ですが、駐妻から離婚、移住、そして現在の安定した生活を得るまでの道のりは予想以上に険しかったと言います。

海外赴任直後は家族の絆が深まった

ご主人の転勤でアメリカ中東部の田舎町に引越した彼女。初めての海外生活はとても不安が多く、生活が慣れるまで大変だったと言います。

「当時5歳の1人娘・あかりは、なかなか現地の学校に馴染むことができず、半年以上泣いて過ごす毎日でした。それでも家族3人で協力して、彼女が楽しく暮らせるように努力をしてきました。みんな初めての海外生活だったので、文化の違いでとにかく苦労が多くて……でも運命共同体的な感じで家族で力を合わせて乗り越えていったのです」

このころの家族の絆はとても強く、週末になるとどこかへ出かけて、海外生活を楽しもうとしていたそうです。

「日本にいるときより夫の帰りは早く、夕食を家族3人で食べられる日も多く、夫もすごく協力的でした。娘の学校にも積極的に顔を出し、地域のイベントにもよく参加していました。ところが1年経った辺りからかな?娘が学校に慣れてきたころ、ちょうど夫の仕事も忙しくなってきたのです。そしてそれを機に家族の関係は崩れ始めました」

1 2
浮気事件簿 恋愛講座 セカンド アラサー アラフォー 金運 恋愛 キャリア 美人探偵 恋愛運 婚活 その1 時短 アプリ 浮気 占い 結婚 不倫 運勢 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。