三十路に突入した佐藤健の本気がバクハツ!映画『ひとよ』は超重量級の人間ドラマだった

三十路に突入した佐藤健の本気がバクハツ!映画『ひとよ』は超重量級の人間ドラマだった

桑原裕子による戯曲を『孤狼の血』の白石和彌監督が映画化した『ひとよ』。佐藤健、 田中裕子ら、真の実力派が顔を揃えたこの人間ドラマは、血にしばられたある家族の物語です。まさに演技合戦の様相を呈す、その中身とは?

『ひとよ』 (C)2019「ひとよ」製作委員会

『ひとよ』
(配給:日活)●監督:白石和彌 ●脚本:髙橋泉 ●出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子  ●11月8日全国ロードショー

(あらすじ)
子どもたちを救うために暴力を振るう夫を殺害し、警察へ出頭した母、こはる(田中裕子)。15年後、小説家志望だった次男の雄二(佐藤健)は上京して大衆雑誌のライターになり、長男の大樹(鈴木亮平)と長女の園子(松岡茉優)は地元に残る。大樹は地元の電気店の娘(MEGUMI)と結婚して雇われ専務に、園子(松岡茉優)は寂れたスナックで働いていた。そこへ突然、こはるが姿を現す。

■ある殺人事件、その15年後の物語

 「これからは好きに生きていける。なんにでもなれる。お母さんさっき、お父さんを殺しました」。タクシー会社の制服を着た母、こはるが3 人の子どもたちにそう告げる。え……いったい、なにが起こったの!? ――映画『ひとよ』は、始まりからヘビー級の空気が漂います。監督は白石和彌。『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』『サニー/32』『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』『凪待ち』とここ数年、とてつもないハイペースで、内容的にも多岐に渡り、でもいずれも高いレベルの作品を連打する脂ノリノリの人。こんどの新作もまた、終始一貫して密度の高いシーンが連続する人間ドラマに仕上げています。

舞台はどことも知れぬ、たいした特徴もない地方のある町です。日本中のどこにでもありそうな、どこを切り取っても心躍るものがなにもないような、そんな町。そこに根づいた家族経営のタクシー会社「稲村タクシー」、そこで事件が起こるのです。被害者は幼い三兄妹に容赦ない暴力を振るってきた父親で、加害者は子どもを守ろうと自ら夫に手をかけることになる母親。そこから15年後、再会した4人の姿を描いていきます。

母親が殺人者となった子どもたちは、そのあとの人生をどうサバイブしたのでしょう?田舎の町でそんな大事件が隠し通せるはずはありません。どこへ行っても殺人者の(そして被害者の)子と後ろ指を指され、他人の目を気にし、自身もその事実の重みを抱えきれずに生きてきたはずです。それでまず次男は家族から物理的な距離を置いて東京で暮らしますが、夢だった小説家の道とは程遠く、大衆雑誌でエロ記事などを担当したりするフリーライターになっています。長男の大樹は3人のなかで唯一家庭を持っていますが、妻とはうまくいってなくて離婚寸前。婿入りした地元の小さな電気店で働いています。長女の園子は美容師になる夢を諦め、地元のショボいスナック勤めです。

そして母こはるの甥が継いだ「稲丸タクシー」、そこへ15年ぶりに、ひょいとこはるが姿を現すのです。

15年ぶりに再会する母と息子。異様な緊張感が漂う。

1 2
浮気 運勢 結婚 貧困女子 金運 婚活 不倫 その1 浮気事件簿 時短 キャリア セカンド 占い 恋愛運 恋愛 アラサー 美人探偵 アラフォー アプリ 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。