「I have your back」で「私はあなたの味方だよ!」相手を励ます英語フレーズ

「I have your back」で「私はあなたの味方だよ!」相手を励ます英語フレーズ

誰にでも、辛かったり悲しかったりして誰かに甘えたくなる時があるものです。そんな時に話を聞いてそっと励ましてくれた人は、一生忘れられない存在に。恋人同士ならぐっと距離が縮まることでしょう。そこで今回は、相手を励ましたりサポートしたりする意味がある英語フレーズをご紹介します。

調子がよくなさそうな人を見つけたら…「You look under the weather」

いつもは元気いっぱいな友人が、ある日ふといつもと雰囲気が違うのに気が付くことがあります。そんな時は「You look under the weather. Are you OK?」と聞いてみましょう。これは「調子が悪そうだね。大丈夫?」という意味になり、なぜだかわからないけど明らかに調子が悪そうだという時に使えます。例えば風邪などにより体の具合が悪い時や、顔色が悪い時、気分が落ち込んでいそうな時などの声かけに使いやすいフレーズです。

同じような意味で「You look tired」(疲れて見えるね)という言い方も出来ますが、疲れて見えるというのは「外見的にボロボロだ」と誤解されかねません。人によっては「え?全然疲れてないし……。今日は老けて見えるってこと?」なんて、逆に怒らせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

明らかにいつもと違い、具合が悪そうだという場合でなければ「How’s it going? Is everything alright?(調子はどう?全部うまく行ってる?)」というようにポジティブな言葉を使って聞く方が良いでしょう。

「それは本当に辛いね」と相手に共感するなら「You must be heart broken」

友人や恋人が落ち込んでいたら、まず相手の話をよく聞いて共感を表すと相手もより心を開きやすくなります。そんな時に英語で伝えたいのが「You must be heart broken(それは本当に辛いね)」という言葉。相手の気持ちに理解を示す場合に使われるフレーズです。

辛いときに寄り添ってもらえるのは嬉しいもの。

「I’m so sorry to hear that(残念でなりません)」という言葉も良いのですが、より相手の立場に立った言い方をするのであれば「You must be heart broken」がおすすめです。

また、もしも同じような辛い経験をしたことがあるのであれば「I totally understand how you feel(あなたの気持ちがわかります)」と言ったうえで自分の体験談を話してみるのも良いでしょう。自分と同じ悲しみや苦しみを味わったことがある人に話を聞いてもらえると、気が楽になりますよね。

1 2
恋愛講座 アラフォー 結婚 アラサー セカンド 美人探偵 婚活 キャリア 恋愛運 アプリ 金運 その1 浮気 貧困女子 占い 不倫 運勢 浮気事件簿 時短 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。