30代男女の半数がオタクを自認しているけど……結婚しても相手のオタク趣味はどこまで許せる?

30代男女の半数がオタクを自認しているけど……結婚しても相手のオタク趣味はどこまで許せる?

一昔前は蔑みの対象だった「オタク」という言葉。例えば小太りでチェック柄のシャツ、メガネ、パンパンのリュックといった服装を「オタクっぽい」と笑ったり、アニメやゲームに熱中する人をオタクと評して気持ち悪がったりしたものですが、現在その風潮は大きく変化しています。

「歌い手・ボカロ」「2.5次元」などのニュージャンルが多い、10代のオタク趣味

株式会社パートナーエージェントが行なった「趣味と結婚」に関するアンケート調査によると、30代男女で自分のことを「オタクである」と自認している人は54.2%と半数以上。さらに若い世代では20代が65.2%、さらに10代となると、その割合は72.0%まで跳ね上がるのです。20代より下はもはや、オタクじゃないほうがマイノリティーといえます。

とはいえ、オタクといってもそのジャンルは多岐にわたります。そこで同調査ではまず、「読書」や「スポーツ」といった、イメージ的にオタクといってもサブカルではないジャンルを中心に、オタクである割合を年代別に質問。結果は次の通りとなりました。

読書オタクやスポーツオタクなんて、オタクの偏見どころか爽やかで知的なイメージすらあります。

年代問わず一番多かったのは「読書」で、それに続くのは「スポーツ」「車」となっています。その一方で気になるのは、全体の7割以上がオタクを自認する10代の数値。全体を通して他の世代より上回っているジャンルが少なく、特に「グルメ(食べ歩きなど)」、「料理」といったジャンルは極端に少なくなっています。10代は食べ物関係にそれほど興味がないのでしょうか?

その一方、同調査ではアニメや漫画といったジャンルでオタクを自認する割合を年代別に質問。すると、興味深いことが判明したのです。

「ボカロ」はボーカロイドの略。ボカロ好きな人が普通の人とカラオケに行くと、ボカロを歌うかどうかの選択に迫られて悩むそうです。

このジャンルでオタクを自認する割合を見ると、王道である「アニメ」「漫画」は20代が中心。オタク率の高い10代は、ここでもそれほど多くはありません。しかしその一方で、10代のオタクが際立って多いのは「アイドル・声優」「動画(YouTuber、Ytuber)」「歌い手・ボカロ」「2.5次元」といったジャンル。つまり10代ではオタクジャンルの中でもさらに個性の強いニュージャンルの人気が高く、全く興味がない人にとっては話についていけない可能性の高さを感じます。

1 2
美人探偵 占い アプリ 浮気事件簿 恋愛運 その1 アラフォー 不倫 恋愛講座 婚活 運勢 浮気 恋愛 セカンド キャリア 貧困女子 金運 アラサー 結婚 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。