堅実女子ニュース&まとめ SNSの弊害?職場の人のプライベートな投稿は「見たくない」人が大半!

今の時代SNSがあれば、いつでもどこでも人とつながる時代です。便利な反面、つながりたくない人ともつながってしまうこともありますよね。例えば会社の人とSNSでつながってしまうと、休日でも近況やつぶやきが勝手に入ってきます。普段は見せないプライベートな一面がのぞけることは、果たしていいのか悪いのか……。

断りたいけど断れない。会社の人からのSNS申請

「エアトリ」が行なった「職場の人との繋がり方」に関するアンケート調査によると、会社の同僚とSNSでつながっているビジネスパーソンの割合は62.7%。上司とは40.9%、部下とは52.7%の割合でつながっていることが判明しました。さらに「本当は繋がりたくない人はいますか?」という質問に対し、「いる」と答えた人は38.7%。本当はイヤなのにつながってしまった理由として「仕事のつながりで業務に支障が出ることも考えられるので、仕方がなかった」(60代・男性)、「共通の友人が多くなり、さすがに承認しないとまずい感じになりそうだったので」(30代・女性)などの意見がありました。会社での付き合いを考えるとSNS申請をお願いされたら、なかなか断れないようです。

SNSでつながっていると、さまざまな書き込みが自分のSNSのタイムラインに流れてきます。それが会社の人のプライベートな書き込みだった場合、どう感じるケースが多いのでしょうか?同調査による結果は次の通りとなりました。

あまり歓迎されない職場の人のプライベートな書き込み。かといってそのために書き込みを控えるのも変な話ですが……。

上司・同僚・部下に限らず、会社の人のプライベートな書き込みは「見たくない」が最多に。逆に「見たい」という好意的な意見はほとんどありませんでした。SNSの書き込みはその人の意外な一面や本音が垣間見えたりしますが、多くの人は会社の人にそういったことは求めていないようです。とはいえ「見たくないから書き込むな」という批判も、お門違い。避けるために会社で公開専用のSNSアカウントを作成して教える方法もありますが、そこまでするのも面倒です。

1 2