クリスマスから新年に向けて使える!ホリデー気分を盛り上げる英語フレーズ

クリスマスから新年に向けて使える!ホリデー気分を盛り上げる英語フレーズ

クリスマスシーズンに限らず、休暇の予定に関する話題が大好きな英語圏の人々。クリスマスを盛大にお祝いするクリスチャンの国々では、今の時期からクリスマスの準備に余念がありません。クリスマスから新年にかけて使える、ホリデー気分を盛り上げる英語フレーズをご紹介します。

海外では1月上旬までクリスマスツリーが飾られて、ホリデーシーズンを盛り上げます。

「Do you have any plans for the holidays?」で休暇の予定を尋ねよう

どんなに仕事が好きな人でも、休暇はやっぱり嬉しいものです。たとえ何も予定がなかったとしても、日本には「寝正月」という立派な過ごし方がありますよね。

休暇の予定を尋ねる場合は「Do you have any plans for the holidays?」などと聞くのが一般的です。短く「Any plans for the holidays?」でも十分伝わります。

日本で働いている外国人の方であれば

「I’ll go back to my country. I miss my home.(帰国する予定だよ。故郷が恋しい)」

「I’ll stay here and watch 『Kohaku』 just like you.(ここに残って『紅白』を見るよ。日本人みたいにね)」

なんて答えてくれることでしょう。

上記の例文のように「I miss my home.」と言う場合、「家」を恋しがっているというだけでなく、故郷全体を指している場合が多いです。たとえ日本での生活や仕事が充実していたとしても、故郷が恋しくなるのは自然なことです。英語圏の人々にとって家族行事であるクリスマスは、特に家族に会いたくなるものです。

英語圏でも新年の抱負は大切!「New year’s resolution」

オバマ大統領は、2016年に以下のように新年の抱負を述べました。

「My New Year’s resolution is to move forward on our unfinished business as much as I can.(新年の抱負は、まだ完結できていない仕事を先に進めることです)」

このように、英語圏にも新年の抱負を持ち、決意を改める習慣があります。オバマ大統領のように壮大な抱負を抱く人もいますが、多くの場合実現可能かつ本当に達成したいと願っていることを新年の抱負とします。

「Lose weight(体重を減らす)」

「Quit smoking(禁煙する)」

「Watch less TV(テレビを見る時間を減らす)」

今年の年始に決めた新年の抱負は何でしたか?思い出して、達成できたかどうか確認してみましょう。もし忘れてしまった場合は、2020年の抱負をカレンダーに入れておき、年末にポップアップが立ち上がるよう設定してみるのも良いですね。

1 2
浮気 恋愛運 時短 婚活 アラフォー 不倫 浮気事件簿 キャリア 貧困女子 運勢 恋愛講座 アプリ 美人探偵 結婚 金運 アラサー 占い 恋愛 セカンド その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。