【セカンド女子】引越しはしない!恋愛依存症男を過去の同棲アパートで待つ日々~その1~

【セカンド女子】引越しはしない!恋愛依存症男を過去の同棲アパートで待つ日々~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある不動産関係の会社で事務員として働いている横峯ゆうきさん(仮名・32歳)。長い黒髪は後ろにルーズに束ねられて、おくれ毛はふんわりと巻かれていて、色味をあまり使用してないナチュラルメイクとよく合っています。服装はオーバーサイズのグレーのセーターに、ロング丈の花柄のプリーツスカートを合わせていて、アクセサリーも小ぶりのものでシンプルかつカジュアル。全体的に派手すぎないナチュラルな雰囲気は男性受けも良さそうに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親との3人家族です。実家には母方の祖母とも同居していたんですが、私はほぼ祖母に育てられました。両親は共働きで仕事が生活のメインで私のことは二の次というか、どうでもよかったんだと思います。簡単に言うと育児放棄みたいなものです。何かの学校行事に来てくれたこともないし、旅行はもちろん、家族全員で外食した記憶もありません。祖母には感謝していますが、ご飯の用意など最低限のことのみをしてくれていた印象で、お互いに好きでもなんでもありませんでした。学生の頃からずっと、自立して早く家を出ることだけを考えていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に同級生の男の子と付き合いました。私は彼にずっと片思いしていて、告白はしていないけど私の気持ちを知られて、彼からOKしてもらった感じです。彼とは毎日連絡を取っていたし、何かこちらが連絡をすると、返信があるだけでもとても嬉しくて、一日に何度も連絡してしまうこともありました。でも、それが相手からしたら限度を超えていたみたいで……。周りの男友達に『うざい』って言っているのを、知ってしまったんですよね。それでも私は好きだったから、知らないフリをして付き合っていたんですが、その後彼に同じ学校に好きな人ができたとフラれました。フラれた直後はあまり実感がなかったんですが、その子と2人で帰っている姿などを見かけた時は一気に血の気が引く感じがして、とてもショックだったことを覚えています」

ゆうきさんは高校を卒業後に、今働く会社とは別の不動産業を行なう企業の営業事務として就職。家を出ることができたと最初は喜んでいたものの、次第に一人ぼっちの寂しさを強く感じるようになっていったとか。

「私は商業科の高校を出ていたこともあり、そこまで就職には苦労しませんでした。埼玉県出身だと、都内の会社でも自宅から通う人を優遇するところも多かったので、できるだけ実家から遠い、住宅手当がついたところを選びました。

家を出られた時は、開放感でいっぱいでしたよ。家族から何かをされていたわけじゃないけど、親からの無関心というのは結構キツイものがあったので。でも、一人暮らしをして、人の気配を感じないことがとても怖くなったんです。まだ10代だったけど、孤独死したらどうしようと不安になることもありましたね」

一人になりたくない、でも他人を心の底から信用できない……

1 2
運勢 恋愛講座 貧困女子 婚活 その1 キャリア 占い 不倫 結婚 アラサー 美人探偵 恋愛運 恋愛 セカンド アプリ 浮気 金運 時短 浮気事件簿 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。