【セカンド女子】引越しはしない!恋愛依存症男を過去の同棲アパートで待つ日々~その2~

【セカンド女子】引越しはしない!恋愛依存症男を過去の同棲アパートで待つ日々~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある不動産関係の会社で事務員として働いている横峯ゆうきさん(仮名・32歳)。長い黒髪は後ろにルーズに束ねられて、色味をあまり使用しないメイクなど、全体的に派手すぎないナチュラルな雰囲気は男性受けも良さそうに見えます。出身は埼玉県で、両親との3人家族。実際に育ててくれたのは同居していた祖母で、両親は仕事人間で育児には放任。祖母も義務感のみでしっかりとした愛情は感じられず、愛情を恋愛相手から求めるようになります。

「一人ぼっちになりたくないから誰かと一緒にいたいんですが、心の底からは誰も信用できない。だから会えない時間に何をしているのか、逐一確認してしまうんですよね。高校の時に最初に付き合った男性からずっと、四六時中メールをしたり、できる限り一緒にいようとして、フラれています。

20代半ばからは、恋愛じゃなく結婚なら一緒にいられるし、保証もあると思って婚活を始めたんですが、『若いからいいでしょ』と体の関係のみ求められたり、付き合えたとしても結婚する必要はまだないと説得されたり……。相手のプライベートに踏み込もうとする時、どこまで近づいていいものなのか、その距離感がまったくつかめずにいました」

プライベートがなかなかうまくいかない中、仕事でも憂き目に遭ってしまいます。

「私のいた部署が縮小され、人員整理が行なわれたんです。希望退職者を募ったり、別の関連会社に転職したりする人が増えて、その流れに歯向かう気力も無くて……。

でも元々人生に不安感がある私は資格マニアなところもあって、就職に有利な簿記とか、パソコンスキルのものも持っていたので、なんとかなりました。会社も出て行ってほしいのか、転職の面接では半休を協力的に取らせてもらえましたね」

転職先は、今も働く同業種のところ。そこは賃貸業ではなく、投資などに特化した不動産を扱う企業で、営業職にはインセンティブもあり、華やかな人が多かったそう。そこで1人の男性と恋愛関係になります。

「彼は2歳上の営業マンで、長身のスラッとしたイケメン。先輩から慕われているような、とにかく気遣いができる人でした。仕事ではまったく接点はなかったんですが、その職場では部署外の交流を図るための飲み会が定期的に開催されていて、私はそこで彼と顔見知りになりました。

飲み会では大声で盛り上げたり、すごく彼は頑張っていたんですが、たまたま一緒になった帰り道で、『しんどかったよ』と弱音を私の前で吐かれた時に、この人が気を休める空間を作ってあげたいなって思ったんですよね」

最初のアクションは彼女から。しかし毎日連絡が来るようになり……

1 2
運勢 婚活 金運 その1 浮気事件簿 結婚 キャリア 浮気 セカンド アプリ アラフォー 恋愛 時短 美人探偵 不倫 恋愛運 恋愛講座 占い アラサー 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。