ご祝儀の負担、謎のしきたり、謎の持ち込み料……結婚式の“不自由”はいつまで続く?

ご祝儀の負担、謎のしきたり、謎の持ち込み料……結婚式の“不自由”はいつまで続く?

壇蜜さん&清野とおるさん、若林正恭さん、イモトアヤコさんと、今年の11月22日「いい夫婦の日」は、例年になく有名人の結婚ラッシュとなりました。その一方で、株式会社CRAZYは、11月22日にtwitter上で結婚式に関するさまざまな意見を募集。Twitterユーザーが、結婚式に関する本音を明らかにしています。

結婚式のしきたりや理不尽は、夫婦の絆を強める試練!?

まず同調査では結婚式に関するさまざまな意見を集約し、共通するキーワードごとに集計。その結果が以下の通りになりました。

結婚式は当人同士ではなく、家同士のもの……という概念がある限り、大きく外れたことができないのが現実でしょうか?

かなり多いのが「不自由」のキーワードで、それに続くのが「しきたり」。確かに結婚式にはさまざまなしきたりや風習があり、それを不自由と感じる人が多いのでしょうか?実際の具体的な意見もご紹介します。

「不自由な結婚式をわざわざやる意味が見つからない。 ましてや、結婚式場で…‥って」

「逆に式は不自由過ぎるくらいでちょうどいい。(中略)二人だから乗り切れたんだねっていう思いを共有して、これからは幸せだけ二人で作ろうねって、夫婦生活に突入したらいい」

「パターン化された演出、しきたりで束縛されて大量生産の工業製品みたいなイベントになってる」

「自分達を祝ってもらうためにやるんじゃないんだよね。自分達が感謝と決意表明をする機会。 という事でウチはやった!謎のしきたりとかは面倒だったけど」

寄せられた意見を見ると、不自由さやしきたりを“面倒”と認めながらも、これから長い夫婦生活をスタートさせるには必要という意見もありました。これらの要素は、ある意味必要悪なのでしょうか?

その一方で不評だったのが「御祝儀」に対する意見。「ご祝儀3万て高すぎ!二次会とかいらん!美容院と交通費込みで5万近く持ってかれるわ!」「ご祝儀って本当に要らない。若い時期のご祝儀貧乏は、素直に相手のことを祝えなくなる」「祝儀3万円が1番謎」など、ご祝儀の相場とされる3万円に対する不満が多くツイートされていました。

フランス料理のフルコースやお酒が堪能できるとはいえ、ご祝儀3万円は厳しい?

1 2
アプリ 恋愛運 恋愛講座 浮気 その1 結婚 運勢 アラサー 占い 美人探偵 恋愛 セカンド キャリア アラフォー 金運 婚活 浮気事件簿 不倫 時短 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。