堅実女子ニュース&まとめ もはや昭和の遺産?忘年会でのイッキ飲み、今や時代遅れでドン引き対象に!

忘年会にはじまり、クリスマスに年末年始、そして新年会。12月から1月にかけては、1年のうちでもっともお酒を飲む機会が集中する時期ではないでしょうか?みんなでワイワイ飲むのは楽しいものですが、お酒は一歩間違えるとさまざまなトラブルを引き起こすリスクもあります。

飲みすぎやイッキ飲みのリスクがもっとも高いのは忘年会!

そこで今回ご紹介するのは、キリンホールディングス株式会社が月に1回以上飲酒する男女を対象に実施した「イッキ飲みに関する実態調査」。イッキ飲みといえばなんとなく、大学生がサークルなどで調子に乗って行うイメージがありますが、同調査によると「飲みすぎ、イッキ飲みが原因で後悔した飲み会」の1位は「忘年会」(34.6%)でした。

では実際に「飲み会でイッキ飲みの現場を見たことがある」と答えた人はどのくらいいるのでしょうか? 同調査による結果は次の通りとなりました。

大学生世代の20代が意外と少ない結果に。最近の大学生はイッキ飲みをしない傾向にあるのかもしれません。

全体では62.4%と、かなり高い割合に。年代別にみると、30代男性がかなり多い割合となっていることが分かりました。また実際に飲み会などでイッキ飲みをするよう煽られた経験がある人は、39.0%。そのうち7.4%は「頻繁にある」と回答しているのです。そして煽られた相手で一番多かったのは「上司」(55.4%)。上司に煽られれば、ほとんどの人は断るのも難しいのではいでしょうか?

お酒はゆっくり飲んだほうが美味しいです。

1 2