堅実女子ニュース&まとめ 6割以上がお店での試着に抵抗がある! とはいえ、試着しないで購入して、ほぼ8割が後悔や失敗している

試着したいけれど、店員さんの対応が面倒と感じている人は意外と多い

では実際に洋服を購入する際に、試着は行なっているのでしょうか。

この調査では、「必ずする」と回答した人は約2割で、約半数は「時々する」と回答しています。だいたい、約7割の人は購入前の試着をするようです。

全くしない人も数パーセントいるようです。

試着をしないまま洋服を購入すると、サイズ違いや雰囲気が違ったなどの失敗・後悔もあるのではないでしょうか?実際、試着をしないで洋服を購入し「(失敗・後悔した経験が)ある」という人は、68.6%と約7割でした。試着のひと手間をかけるだけで、そんな失敗や後悔は減るのに……と思ってしまいます。

同じものをリピート買いする場合は、試着をしなくてもいいとは思いますが……。

果たして、試着はそんなにハードルの高いことなのでしょうか?実際、「店頭で試着することに抵抗を感じるかどうか」という質問に対して、6割以上の人が「(抵抗を)感じる」(63.0%)と回答しています。

約6割の人が試着に抵抗を感じているという現実に、リアル店舗側も何らかの施策を講じた方がいいのかもしれません。

さらにこの調査から、8割以上の人が「店頭でショップ店員に声をかけられることに対抗を感じる」という事実が明らかになりました。確かに店員さんとコミュニケーションを取りながら試着をする、という行動は気を使いすぎる傾向にある大多数の日本人にはハードルが高いですね……。

ショップ店員さんに話しかけられることに抵抗を感じる人がこんなにいるとは……!

試着や店員さんとのコミュニケーションなどに気をやまなくていいネットショッピングですが、利用した経験のある人にネットショッピングで洋服を買って失敗・後悔した経験があるかどうかも調査では聞いています。なんと、8割以上の人が「(失敗・後悔した経験が)ある」(86.7%)と答えています。お家で寝転がったままでお買い物ができる便利さがある反面、本当にフィットするかどうかは、なかなかわからないものです。

8割以上の人が、失敗しています。

「試着」というほんのちょっとの行動を組み込むだけで、洋服購入時の失敗や後悔の率が下がるのは言うまでもありません。見ているのと、試着してみるのとでは、本当に違います。スタイリストさんやファッションライターさんの中には、サイズ違いや色違いを徹底的に試着してから購入を決めるという人も少なくありません。冬に突入し、重ね着や組み合わせなどが夏よりも楽しめる季節になっています。堅実女子の皆さん、無駄なく、失敗しないショッピングを楽しんでください。

【調査概要】
調査主体:株式会社ネオマーケティング
調査期間::2019年10月7日(月)~10月9日(水)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20代~30代女性500名

1 2