婚活市場は交通渋滞中!?悩める女子が幸せになるために必要なことは?

婚活市場は交通渋滞中!?悩める女子が幸せになるために必要なことは?

とうとう幕開けした2020年。東京五輪が開催されるこの年を、特別な気持ちで迎えた堅実女子も多いかもしれませんね。

政治や経済をはじめ、様々なことが2020年を一つの目標に動いてきた感があったこの数年。もちろん、これからを生きる私たちは2020年の後のことも見据えていかなければなりません。にもかかわらず、人生100年時代といわれる今は、前例が通用しない、ロールモデルがいない時代でもあります。

今回は「今年こそ!」と婚活中の堅実女子に向けたアドバイスを、マーケティングリサーチのプロである木原誠太郎さんにお伺いしました!

前回の記事はコチラ

前々回の記事はコチラ

 

木原誠太郎さん。

木原誠太郎さん…ディグラム・ラボ株式会社 代表取締役。リサーチャー・マーケティングプロデューサー。電通やミクシィでマーケティングを担当し、 様々な企業のマーケティングコンサルティングに携わる。 2013年、ディグラム・ラボを設立。心理学×マーケティングリサーチで人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム「ディグラム」の研究を進めながら、同時に事業展開。テレビや雑誌などメディアへの出演多数。

交通渋滞中の婚活市場

ーー 堅実女子の悩みとして、婚活が多く挙げられます。マーケティングリサーチのプロから見た、婚活市場はどのようなものですか?

木原さん「交通渋滞が起きていますね」

ーーというと?

木原さん「統計上でも肌感でもそうなのですが、全体的に男性が引いているんです。様々な理由で結婚したくてもできない、もしくは結婚したくない男性が増えています。結婚できる、かつ結婚したいという気持ちがある男性は大抵すでにパートナーがいますから。つまり、結婚対象となる男性の数は限られているんです。そこにどんどん全力で女性が頑張って向かうことで、交通渋滞が発生します。そのためどんなに頑張っても、うまくいかない感を抱いてしまう女性は多いでしょう。

だから私としては、女性にフルスイングで婚活を頑張ってくださいというメッセージは出せないんです」

ーー……では、国内は諦めて海外に目を向けるとか、結婚しないとか戦略変更が必要になるのでしょうか……。

木原さん「それもアリでしょうが、まず自分のことをきちんと知ることです。それも家族や友達といった半径5メートル以内の人たちに聞くのではなく、客観的に把握してください。自分のステータスや性格を熟知した上で合う男性を探しましょう」

ーー自分に合ったターゲット層の確認ということでしょうか。

ちなみに堅実女子には「よく気がきく一方で、他人の目が気になってしまう」という感じのタイプが多いのですが、こういう人たちに合う男性はどんな人ですか。

1 2
貧困女子 アプリ アラサー セカンド 恋愛講座 占い その1 アラフォー 浮気事件簿 運勢 マッチングアプリ 金運 美人探偵 婚活 結婚 浮気 不倫 恋愛運 キャリア 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。