【セカンド女子】クリぼっち回避は今年も無理。二股をかけた自分に残されたのは、不倫相手だけ~その1~

【セカンド女子】クリぼっち回避は今年も無理。二股をかけた自分に残されたのは、不倫相手だけ~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある企業で、映像編集の仕事をしている河合恭子さん(仮名・34歳)。顎のラインでそろえられた丸いシルエットのショートボブに、やや目尻の下がった切れ長の瞳や薄い唇などの印象から、控えめなおとなしい雰囲気を感じます。服装は黒のタイトなハイネックのセーターに、ベージュのハイウエストのパンツを合わせており、とにかく体が薄くて華奢。骨ばった手首は少し心配になるレベルです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は愛知県で母親と4歳上に兄、2歳下に妹のいる4人家族です。父親はお金にルーズな人で、私が小学生の時に両親は離婚しました。でも、それからも父親はたまに普通に帰ってきていたんです。家族仲は別れる前後で特に変わりはなくて、なんで離婚したんだろうと不思議だったくらい。今振り返ると、父親の借金のためだってことがわかるんですが、当時も離婚の内容の説明を家族会議でされた記憶が薄っすら残っているものの、まったく理解はできていませんでした」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。アルバイト先で知り合った、1歳上の別大学に通う人と付き合いました。彼はアルバイトに勤めてから私が3人目の彼女で、見た目は普通なのに気配りができて優しくて、とにかくモテるタイプの人でした。

アルバイト先の居酒屋は深夜2時頃まで開いていて、私は学費の一部を自分が負担していたこともあり、結構な頻度で朝まで働いていて、彼も同じ理由でフリーターみたいなシフトを組んでいました。一緒にいる時間が長くなり、彼には同じバイト先に彼女がいたのに、私に乗り換えてしまって。そんなことがあると、人間関係で揉めてバイトを辞めないといけなくなるんじゃないかって覚悟していました。でも、元カノがバイト先でやや浮いた存在だったので、みんなから非難されることはなかったんですよ。私を肯定する子もいて、絶対に悪いことをしたのは私たちなのに、多勢の意見って怖いなって思いましたね」

そんな彼との別れも、前の彼女同様に同じバイト先での浮気が原因だったとか。

「やっぱり略奪すると、略奪されるんだなって。その時には私は就職活動などで忙しかったこともあり、ほとんどバイトに入っていなかったので、その現場を直接見ることはなかったんですが、やっぱりいい気はしないですよね。

彼は最初こそ謝罪してきてやり直したいと言ってきたんですが、許せるわけも信じられるわけもなく、スパッと別れました。彼は私の1歳上なのに、すでに大学を1浪1留していて、そのルーズさも嫌気がさしていたんで。そこまで引きずることもありませんでした」

就職を機に上京するものの1年で挫折。東京でフリーターに

1 2
婚活 浮気事件簿 アラフォー 恋愛運 仕事運 占い 浮気 美人探偵 キャリア その1 不倫 アプリ 恋愛 アラサー セカンド 貧困女子 金運 恋愛講座 結婚 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。