堅実女子ニュース&まとめ 相手に不快感を与えない!褒め上手な人の特徴3つ+α

「あの人と話していると、ポジティブになれる」

話すだけでやる気になったり、スッキリしたり……堅実女子の皆さんの職場にも、そんな人はいませんか。どんな人とでも円滑なコミュニケーションをとれる人は、仕事をスムーズに進められる人でもあります。

彼ら彼女らが意識していること、それは相手を褒めること。それも、闇雲にではなく、きちんとコツをおさえているのです。ここでは、職場の人間関係を良好に保っている褒め上手な人の特徴をご紹介します。

褒めると、相手に良い印象を抱いてもらえる

どんな人だって、否定されるより、褒められる方が嬉しいもの。褒めることは、相手の承認欲求を満たしたり、自分が相手を認めていることを示したりすることができるのです。また、相手をよく見ていなければ、褒めることはできません。そのため、「あなたのことをきちんと見ていますよ」というアピールにもなります。特に上司の立場にある人にとっては大切なことですね。

1. 具体的に褒める

初対面で相手のことをよく知らない、話すネタを思いつかないときなどに、相手の服を褒める人がいます。

その際に、「今日着てる服、なんか良いですね」など漠然とした表現だけでは、「“なんか”ってなんだ」「話題が見つからなくて適当に言ったのだろう」などと、気を遣っての発言にもかかわらず、かえって気まずい雰囲気になることも……。相手としても、どう話を広げていいかわからないでしょう。

褒め上手な人は、具体的に褒めることを意識しています。「今日つけているスカーフ、春らしくて素敵ですね」などと言えば、自分をよく見てくれているなと感じます。「どこで買ったんですか」と質問すれば、会話を広げることもできるでしょう。

1 2