年末年始はヒマで孤独…38歳独身女子、3回目のぼっち正月~その1~

年末年始はヒマで孤独…38歳独身女子、3回目のぼっち正月~その1~

多くの会社が休みに入り、人々は家族と過ごす年末年始。2019~2020年にかけての休みは9連休と長い。どこかに行こうにも、外は寒いし混んでいる。結果として、家に引きこもって過ごし、孤独を痛感するという人も少なくありません。

今回、お話を伺った外岡香織さん(仮名・38歳・IT関連会社勤務)は、ここ数年間「ぼっち年末年始」を過ごしており、今年も一人でアパートにこもりそうだと、今から恐怖を感じているそう。

アラフォー娘が帰省しても、誰も喜ばない

香織さんは、静岡県静岡市出身。実家はそう遠くないので、年末年始は帰省しそうなものですが……。

「私が30歳の時に兄夫婦に子供が生まれ、両親はそっちに夢中になり、私はかまわれなくなりました。それまで私が両親からちやほやされていたのに、ぞんざいに扱われ、ふてくされてしまったんです。その腹いせのように、翌年から数年間の年末年始は友達と旅行に行きまくりました。当時は、まだ独身の友達も多かったんです」

31歳から35歳まで、5回行った年末年始の海外旅行を振り返ってもらいました。

「3回目までは4人で、4回目は3人で、最後は2人でした。みんな結婚して、旅行仲間ではなくなっていく。35歳の時に、最後の友達が結婚してしまったんです。それで、2017年の大晦日に実家に帰ることにしました。もちろん、いつものようにノーアポでした。両親の好物の生ケーキや兄夫婦が好きな肉を買い、やっとの思いで帰ったら、誰もいない。家が真っ暗なんですよ。慌てて母に電話したら、通じない。父も兄も何時間もつながらない。『あ~、これはみんなで海外に行ったな』と思い、“本家”に行ったんです。本家は父の兄の家で、私が上京するまでは、毎年仕出し屋さんからお節をとって、樽酒をふるまって、大規模な宴会をしている。だから、私1人が行っても大丈夫だと思って行くと、門松もないしひっそりしている。本家には伯父夫婦しかいませんでした」

びっくりしつつも、温かく迎えてくれた伯父さんご夫妻。香織さんがひっそりとした正月に驚いていると、「何年も前からお正月はやってないよ」と言いました。

「いとこたち3人は東京に住んでいるし、それぞれのお嫁さんの事情もあるし、仕出し屋さんが廃業したなどで、正月行事をやめたんだそうです。伯父は『慌ただしくないし、お金もかからないしいよ』と伯母と笑い合っている。味噌汁とレトルトカレーを出してもらい、伯父夫婦と一緒に、年越しをしました。翌朝の元旦、伯父夫婦からお年玉をもらって、『またおいで』と言われ、温かい気持ちで東京に帰りました」

元旦の渋谷は、家族連れやカップルでごった返していた。

1 2
恋愛運 キャリア 貧困女子 結婚 恋愛講座 その1 浮気事件簿 アプリ 金運 婚活 恋愛 浮気 アラサー 占い 運勢 仕事運 セカンド 不倫 アラフォー 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。