堅実女子ニュース&まとめ 映画『AI崩壊』に主演した大沢たかおが、約2年間の休業を経て感じた変化とは?~その2~

大沢たかおさんの最新主演映画『AI崩壊』が完成しました。監督は『SR サイタマノラッパー』『ギャングース』『22年目の告白-私が殺人犯です-』と作家性の強い個性的な作品からエンタメ大作まで、ハイレベルな演出力を誇る入江悠。その入江監督が、完全オリジナル作品に挑んだ意欲作です。大沢さんが演じるのは、日本の全国民の個人情報から健康までを完全に管理するAIを開発した天才科学者。いちど仕事を離れて自身を見つめ直し、改めて俳優という仕事と向き合う大沢さんは、どんな気持ちで作品と向き合ったのでしょう?~その1~はコチラ

『AI崩壊』(c)2020映画「AI崩壊」製作委員会

『AI崩壊』
(配給:ワーナー・ブラザース映画)●監督・脚本:入江悠 ●出演:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス/岩田剛典/髙嶋政宏、芦名星、玉城ティナ、余貴美子/松嶋菜々子、三浦友和 ●1月31日日全国ロードショー

(あらすじ)
2030年、桐生浩介(大沢たかお)が亡き妻、望(松嶋菜々子)のために開発した医療AI「のぞみ」はいまや全国民の個人情報、健康のすべてを管理するライフラインに。桐生との共同開発者でもあった望の弟、西村(賀来賢人)が「のぞみ」を管理する組織のトップを務めていた。ある日、「のぞみ」が暴走。人間の価値を数値化して選別し、生きる価値のない人間を殺戮し始める。警察庁の桜庭(岩田剛典)は浩介を容疑者に断定し、捜査AIの管理網を駆使して行方を追う。所轄のベテラン刑事である合田(三浦友和)と捜査一課の奥瀬(広瀬アリス)も、足を使ったアナログな捜査で桐生に迫る。

大沢たかお(おおさわ たかお)…東京都出身。2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』のあと、映画『キングダム』に出演。舞台『The King&I』ではロンドン公演に挑んだ。

何パターンも撮った決めゼリフ

AIに興味があったそうですが、そもそもどのようなイメージを持っていましたか?

「AIのことをまだ全然知らないころは、たんに『ターミネーター』の観過ぎだったのか(笑)、自働するロボットのようなイメージでした。でも何年か前から興味を持ち、いろいろな講演を聞きにいったりするうち、恐らく社会構造そのものが変わるような、革命的なものになるだろうと感じ始めて。それと自分の仕事とが直接かかわりを持つとは考えていませんでしたが、たまたまこういう企画をいただいたと」

映画の最後に「AIは人を幸せにすると思うか?」というセリフが出てきます。ご自身の見解は?

「実はあのシーン、最後までそのセリフに疑問があって、ずっと監督と話し合っていたんです。監督が忙しいときはプロデューサーを捕まえて。そうするうちに撮影がどんどん近づいてきて、監督も“いまちょっと考えています”と。日々撮影に必死でその日が来ちゃって、“えっ、どうするんですか!?”って。それであのシーン、じつはいろんなセリフで何パターンも撮ったんですよ」

そうなんですか!?

「そうなんです。原作があれば、これ決めゼリフですよ!で終わりますけど、僕らには答えがないので。原作者は監督ってことになると、素敵なセリフがいろいろ考えられるから悶々としてしまって。これまで僕の経験したドラマや映画では、監督が“これで行きます”と決め、それを撮って、“オッケー、お疲れ様でした!”となるのがふつう。でもそれも嫌だなって。いままでと同じで、逃げているように思えたんですよね。それで監督に、これ何パターンも撮りません?と言うと、いいんですか!?と。驚いていましたが、すぐにぽろぽろといろいろなセリフが出てきました。それを撮影では一緒に演じる子役の子には教えず、僕だけが新しいセリフの書かれた紙を監督から渡されて。カメラマンも誰も知らなかったんです」

え~!

「それで“じゃあ本番いきま~す”って、子どもはきょとんとするしかないですよね。え?……カット!もう1パターン行きます。……OK!みたいな(笑)。基本的にどのセリフも言いたいことは同じなんですが、監督やプロデューサーの意図がどういうカタチならお客さんに伝わりやすいか? 映像をつないで気づくこともあるので。だから僕は完成した映画を観て初めて知りました、あっ!このセリフを使ったんだ!って。それはちょうど、自分が使ってほしいと思っていたセリフだったんです」

1 2