堅実女子ニュース&まとめ あなたが知らない仏像の世界……令和の時代にもっとも愛された仏像ランキング

堅実女子のみなさんは、仏像に興味ありますか?

かつては若い女性に見向きもされなかった分野ですが、ここ数年は仏像に興味を持つ人が増えているといいます。いわゆる仏像ブームが本格化したのは、「国宝 阿修羅展」が開催された2009年。東京では94万6172人、九州では71万138人が来場し、入場までに1時時間以上の行列が続いたことが話題になりました。それから10年以上が経過した現在、仏像に対する興味はどのように変化しているのでしょうか?

若い世代の仏像ブームは本物だった!

株式会社鵬盛商事では、全国の男女1,000名を対象に「仏像に関する意識調査」を実施。こちらによると、現在仏像に「興味がある」「どちらかというと興味はある」と答えた人は全体の36.4%だそう。年代別に集計した結果は以下となります。

若い世代は、興味がある層とない層がはっきり分かれているのが特徴です。

「興味がある」「どちらかというと興味はある」を合わせた数値の割合は、どの年代でもそれほど大きな差はないようです。しかし「興味がある」をみると、20代と30代の若い層が多い傾向にあることが分かります。やはり今の若い世代は仏像好きが多く、仏像ブームはまだまだ継続中といっていいでしょう。ちなみに仏像を実際に所有している人は、全体の23.1%。仏像の価格は一般的なインテリア雑貨よりも高価なものが多いことを考えると、なかなかの所有率といえそうです。

1 2