結婚しない人生│初恋を引きずる42歳女子の穏やかな老後展望~その2~

結婚しない人生│初恋を引きずる42歳女子の穏やかな老後展望~その2~

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミ―」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

お話を伺ったのは、今回お話を伺ったのは、精密機器メーカーに勤務する山口恵理子さん(仮名・42歳)。美人の部類に属する、165cmはあるガッチリした体型と健康的で品がいいところが魅力的な女性です。 

その1はこちら

大学時代に大好きだった彼から“切られた”理由について伺ったところ、「今だからわかることがある」という恵理子さん。複雑な家庭に育ち、自力で何もかも切り開かねばならない彼と、恵まれた家庭で与えられて育ってきた恵理子さんのギャップは想像以上だったのです。彼と18歳から22歳まで付き合い、恵理子さんは彼の家にほぼ入りびたり新婚夫婦のように過ごしていました。

「あの時に“結婚”のまねごとをしてしまったからというのもあるけれど、私と彼があんなに愛し合っていたのにダメだったのは、育った環境が違いすぎるからだったとも思うんです。それを押しのけるほどの愛がなかったというか……」

その後の恋愛について伺いました。

「一時期は自暴自棄になり、朝起きたら知らない人が隣に寝ていることもありました。25歳くらいまでは、人肌が恋しくなると、平均以上の男性と男女の関係になれましたし、親も結婚しろとは言わなかったんです」

「平均以上の男性」という言葉が気になり、具体的に聞いてみたところ……。

「爪が短い、臭くない、太っていない、毛髪が豊か。あと上から目線で支配してこないと同時に、下手にも出ない……あとは結婚していないことですね。不倫だけは避けたい。モラルとかそういうことではなく、誰かを傷つけたり迷惑をかけたりすることが、本当に嫌なんです」

つまり、「恵理子さん自身に似ている人」が平均のよう。

「そうかも!というか、ウチの両親、周囲の友人、姉夫婦の関係が私の平均かもしれない。彼みたいに繊細な人とは、やっぱり結婚できなかったと思うんです。猛烈に結婚願望が沸き上がったのは35歳の時で、その時に周囲の友達がバタバタと結婚していったんです。婚活パーティーに行きまくったのですが、ホントにああいうところに来ている男性は変な人しかいない。警察官だという男性は『可愛いね』と言ってきて、会場を出てすぐにホテルに誘ってきました。一流企業に勤務する43歳の男性から、『君だったら結婚してあげてもいいよ』と言われたこともありました。そんな男性たちと35歳から3年間会い続け、これなら結婚しなくていいや、と達観。あの時は、『自分は婚活市場的には無価値だ』と悔しい思いをしたし、心療内科のお世話にもなりました」

婚活すると、人との距離感がおかしい男性に出会うという女性は少なくありません。

「いろいろありましたよ。歯医者さんだというある男性は、ドライブデートでお台場に行くと言ったのに、なぜか群馬県の食堂に連れていかれ、もつ煮を食べた後にうらぶれたラブホテルにクルマを入れたんですよ。しかも長距離ドライブに向かない軽自動車ですよ。キッパリお断りして、バスと電車を駆使して帰りましたけどね。あとは、前世では夫婦だったとか、有名議員が親戚だとチラつかせてくるなど、もう変な人ばっかり」

友人達の離婚も、結婚しない人生に舵を切った理由

1 2
仕事運 婚活 浮気事件簿 キャリア 恋愛 美人探偵 金運 貧困女子 不倫 セカンド 恋愛講座 その1 アラサー アプリ 運勢 浮気 恋愛運 占い 結婚 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。