英語を話せるようになりたい!三日坊主にならずに毎日楽しく勉強を続けるためのコツ

英語を話せるようになりたい!三日坊主にならずに毎日楽しく勉強を続けるためのコツ

「2020年こそ、英語を使いこなせるようになりたい!」

転職や昇進といったキャリアアップ、プライベートの充実のために英語力を伸ばしたいという堅実女子も多いのでは?また、環境の変化で英語を使わざるを得なくなり、焦っている人もいるかもしれません。

そこで、英語学習のヒントを第二言語習得論の第一人者である白井恭弘先生にインタビュー。前回は年齢やブランクで英語学習をあきらめてしまったり、勉強しても英語が話せなかったりする人に向けたアドバイスを伺いました。

前回の記事はコチラ

白井恭弘先生。

白井恭弘先生…ケース・ウェスタン・リザーブ大学認知科学科教授。スパトレ株式会社社外取締役。専門分野は、第一・第二言語習得論、言語教育。学術誌First Languageの共同編集者。英語学習の書籍としては異例の販売総数10万部越え『外国語学習の科学』、『しゃべる英文法』など多数の著作。
第二言語習得論に基づくオンライン英語スパトレHP:https://sptr.jp/

第二言語習得論とは…人はどのように外国語を習得するのか、という問題について科学的な研究をする分野。これまでは英語のアドバイスといえば、自分の経験に基づいて他人にも同じものをすすめる、といったものがほとんどでしたが、人には個人差というのがあるので、ある人にとって良かったことが他の人にも当てはまるとは限りません。第二言語習得の分野では、多くの学習者からデータをとって、言語学や心理学の理論に基づいて科学的に学習プロセスを検証しているので、今までの個人的アドバイスとは全く違う、信頼できる知見が得られています。

まずは興味のある分野からチャレンジ!

ーー新年の抱負として英語習得を掲げる堅実女子も多いのですが、三日坊主で終わってしまう人も少なくないようです。前回のインタビューでアドバイスいただいた通り、まずは知っている単語を増やそうと毎日単語帳やニュースに目を通しているの人もいるのですが……。

白井先生「英語学習は少しずつでも続ける必要がありますからね。続けるためには楽しむことが大切。まずは自分の興味のある分野から始めてみてはどうでしょう。

これまでの第二言語習得研究の結果わかったことでとても重要なのは、英語をたくさん聞いて、読んで、それを理解することなしに、言語習得はおこらない、ということなのです。全くわからないものを聞いても、効果はありません。ですから、内容がわかる教材を選んで、大量に聞いて理解する、ということが話せるようになる近道なのです。そして、内容を理解できるものにするために重要なのは、自分が詳しい分野について、聞いたり、読んだりすることです。

例えば、海外セレブに興味がある人なら、それについて英語で書かれた記事や話されているニュースをチェックするようにします。もともと興味があるのでもっと知りたいという気持ちになりますし、背景知識もあるでしょう。異なる情報源でも分野を絞ると同じような単語が出てくるので、『あ、この単語見たことがある!』が多いはず。頭の中の知識と統合されて理解が深まるのです。この分野なら理解できるというレベルになったら他の分野に挑戦するなど、どんどん幅を広げていきましょう」

ーー確かにファッションや美容、グルメなど自分の興味のあることなら勉強という感じがしませんね。英語で発信しているインフルエンサーをフォローするとかはどうですか?インスタやツイッターなどのSNSは日常的にチェックしている人も多いので、ルーティンの一部として続けられそうです。

白井先生「いいと思います。たとえ翻訳機能があったとしても、まずは英語で読んで、その後日本語、そしてまた英語で読むことで理解が深まります。それから、知っている分野でも、単語が足りないために英語を聞いたり読んだりしてもわからない、という場合は、翻訳機能や辞書機能を使って、その分野の単語を意図的に覚えていくようにしてください。そうすれば同じ単語が何度も出てくるので、徐々に英語で直接理解できるようになります」

1 2
運勢 恋愛 恋愛講座 アラフォー 美人探偵 アラサー 仕事運 貧困女子 婚活 結婚 キャリア 浮気事件簿 その1 アプリ セカンド 恋愛運 占い 不倫 金運 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。