堅実女子ニュース&まとめ ピンチのときに、なぜかいつも誰かに助けてもらっている人の特徴3つ

職場では一緒に働く者同士、みんなで助け合いながら仕事をするのが基本。困っているときには、お互いフォローし合うのが良好な職場の雰囲気でしょう。

しかし人には言えないけれど、なんとなくフォローする気になれないタイプの人っていませんか?仕事なので好き嫌いは極力出さないとしても、普段の言動や行動から「この人のフォローか……」と感じてしまうことが少なからずあるかもしれません。もちろん最終的にはフォローをするとしてもです。

一方で、困った状況に陥ると、いつも誰かに手を差し伸べてもらっている人もいます。堅実女子の皆さんの職場にも一人や二人、きっといるのではないでしょうか。

今回は、職場にいる思わず助けたくなってしまう人の3つの特徴をご紹介します。

1. 何事も一生懸命に取り組んでいる

大変な状況の中でも仕事を投げ出さずに、責任を持って一生懸命取り組んでいる人をできる限りサポートしたいと思う人は多いもの。

他の人に押し付けるだけで自分は何もしない人を見て、多くの人は苛立ちは感じてもポジティブな気持ちにはきっとならないのではないでしょうか。

大変な状況に陥ってもふてくされたり、ズルをしようとしたりせず、問題に真正面から向き合おうとする真摯な姿勢は、人の心を動かします。頑張っている人を応援したいという気持ちの人たちが集まってくるでしょう。

2. 普段から周りに対する気配りができている

「あの人にこの前助けてもらったから、今度は自分が助けなくちゃ!」

普段から職場で困った人がいたら助けている人は、自分が困ったときも周りから助けてもらえます。周りが大変なときはいつも見て見ぬ振りなのに、自分が困ったときだけ助けを求めるのは虫がよすぎると思ってしまうのは、多くの人にとって自然なことなのではないでしょうか。

他にも、挨拶や時間厳守など当たり前のことをきちんとし、人間関係を良好に保っているという特徴があります。

いざというときの周りからのサポートは、普段の周りに対する姿勢の結果としてついてくるものなのです。

1 2