堅実女子ニュース&まとめ 今年は3連休以上が8回! 東京オリ・パラの影響で3つの祝日の日付が変更になることを知っている人はどのくらい?

昨年はG.W.の10連休などの大型連休や、2019年のみの祝日「即位礼正殿の儀」など、祝日に恵まれた年でしたね。実は今年も3連休以上が8回もある連休の当たり年! また、今年から、あるいは今年だけ日付や名称が変更される祝日もあるのです。

そこで今回は、株式会社エアトリが実施した、「2020年の祝日」に関する調査結果をご紹介します。

2019年の休日についてどう感じましたか?

2019年はG.W.やお盆の9連休など日並びに恵まれた上、2019年だけの祝日もあり、例年以上にお休みが取れた人が多かった一年だったようです

2019年はG.W.やお盆の9連休など日並びに恵まれた上、2019年だけの祝日もあり、例年以上にお休みが取れた人が多かった一年だったようです

2019年の休日についてどう感じたかを聞いたところ、39.7%が「多かった」と回答した一方で、「ちょうどよかった」(48.2%)が最多となりました。「ちょうどよかった」と回答した人からは「日本人は働きすぎだからこのくらいがちょうどよかった」「国内旅行にも海外旅行にも行けた」などの声が。例年のお休みが少な過ぎると感じている人が多いようです。

「多かった」と回答した人の理由
・祝日が増えたせいで、お正月休みがなくなり、30日2日3日の3日間を有給休暇で休むことになった(50代・女性)
・祝日が多すぎて旅行費用が高額化してしまい長期旅行が減った(50代・男性)
・仕事と休日のスイッチ切り替えがなかなか上手に出来なかったです(60代・女性)

「ちょうどよかった」と回答した人の理由
・休めるものならもっと休みたい。かと言って少ないとは感じなかった(50代・男性)
・遊びに行って疲れても回復する時間があった(40代・女性)
・家族との時間を充実させることができた。おかげで休み明けは仕事を頑張ろうと思えた(30代・女性)

「少なかった」と回答した人の理由
・休みは多ければ多いほど良い(40代・男性)
・自営業にて従業員がいないので 休みを取れなかった(50代・男性)
・諸外国と比べれば、もっと休みがあって当然だと思う(50代・男性)

仕事との調整が難しかった、オンオフの切り替えが大変だった、という意見もありましたが、祝日の日数は仕事のやる気に影響するのかを聞いたところ、「影響を及ぼす」と回答したのが51.8%、「変わらない」が48.2%とほぼ同率となりました。

また、今年(2020年)の祝日についてチェック済みという人は37.1%と4割近くおり、祝日を楽しみに仕事や家事に励んでいる人もいることがうかがえました。

今年もカレンダー、祝日のチェックはお済みですか?

今年のカレンダー、祝日のチェックはお済みですか?

1 2