おひとりさまの家活!タワマンのメリット、デメリットを不動産のプロが教えます

おひとりさまの家活!タワマンのメリット、デメリットを不動産のプロが教えます

尋常ではない大雨や嵐など、人々の暮らしに莫大な被害を生んだ自然災害が多発し、「想定外のことが、いとも簡単に起こる」ということを目の当たりにした私たち。不動産物件を購入する際には、とことん慎重にならなければと思ってしまいます。木造の戸建て住宅だけでなく、大型マンションにも長期の停電や浸水などが起こり、「絶対安全、ということはない」と身に染みました。とはいえ、タワーマンションなどのハイソサエティー感のある大規模住宅は魅力で、自分で納得できなければ購入物件の候補から簡単には外せません。ということで、株式会社 さくら事務所 代表取締役社長 大西倫加さんにタワマンのメリットとデメリットを聞きました。

〈関連記事〉
一生独身かもしれない……持ち家を買った方がお得?賃貸生活との比較 はコチラ
物件を購入するなら、東京オリンピック後のほうが安くてお得? はコチラ
物件を購入するときの外せないポイント はコチラ

☆☆☆

タワマンの居住者人数はメリットにもデメリットにも

超高層のタワーマンション、また200戸以上の大型マンションが目に見えて増えてきたのは近年のことですが、居住者が多いということは、メリットにもデメリットにもなりえます。

まず、メリットとして挙げられるのは、1戸あたりマンション管理運営費の負担が軽くなるということです。前回にもお話しましたが、分譲マンションを購入するということは、同じマンションに住むほかの方々と運命共同体になるということで、外壁や共有スペースの修繕費などは住人でまかなっていかなければなりません。その際の費用は戸数で割り算ということになりますから、居住者が多ければ、その分各家庭の負担額は下がるというケースが増えます。

一方で、人数が多ければ多い程、合意形成のハードルは上がりますよね。それはデメリットといえるでしょう。タワーマンションや大型マンションは、何度も期を分けて販売されていることもあり、どんな売買が行なわれたかが不透明といった部分もあります。投資などを目的にした購入者が賃貸に出していて、本人が住んでいないということも少なくありません。それぞれに言い分が違えば、一丸となってマンション運営にあたれるかどうかは、管理組合の経営力や行動力にかかってくるといえます。

それをカバーするべく、マンションによっては、合理的にものごとを進めやすくするためにセカンドオピニオンとして、第三者的立場にあるプロを入れていることも多いです。しかしこれも、管理組合員である住人の合意が必要です。

「タワマンは戸数分人数も多い、そのメリットとデメリットは両方あります」と語る大西さん。

1 2
恋愛運 婚活 貧困女子 アラサー その1 キャリア 金運 美人探偵 浮気事件簿 占い アラフォー セカンド 不倫 運勢 浮気 恋愛講座 恋愛 仕事運 アプリ 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。