結婚しない人生|不倫の距離感が心地よい……「高嶺の花」女子44歳の孤独~その2~

結婚しない人生|不倫の距離感が心地よい……「高嶺の花」女子44歳の孤独~その2~

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミ―」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

今回お話を伺ったのは、IT関連会社に勤務する坂本佐智子さん(仮名・44歳)。「18歳の時から、不倫をしてきて、気が付けば結婚願望が全くなくなっていた」と語ります。

その1はこちら

18歳の頃から20歳以上年上の男性たちと不倫をしているから、経済感覚が同世代と合わなくなるのも、結婚しない理由。

「チェーン店が悪いわけではないけれど、どうせデートするなら、空間も食事もいい店に行きたい。そうなると、1人2万円を超えてしまう。年上の恋人たちは、全員払ってくれました。同世代はそうもいかないことはわかっていたので、私がワリカン以上に多めに払っても、行きたいお店がいい。それに、私は男だったら、トイレが1つのお店に大切な彼女を連れて行きたくない。他の男が使ったトイレを、彼女に使わせたくない。でも、そういう店ばかり連れていかれて、自分がないがしろにされているような気がして、悲しくなってしまったんです」

さらに「結婚している男性は、聞き上手だ」と続けます。

「こちらの話が終わるまで、しっかり聞いてくれるって、自分が認められていると思います。そういう人は、既婚者が多い。話を途中で遮ったり、『それより俺はこっちの方がいいと思う』などと話をかぶせてくると、ホントに嫌な気持ちになる。それに若い男性ってすぐ怒る。それもイヤでした」

佐智子さんが同世代の男性と交際したのは、27歳から30歳までの3年間。

「5人の男性と交際し、そのうち3人からプロポーズされましたが、やはり関係を前進させられなかった。不倫が長いといろんな現実的なことが、全てめんどくさくなってしまうんです。実家、相手の両親など家族の問題もありますし、一緒に住む家の問題、お金、趣味……結局、結婚って大変なことや余計なことが2倍以上に増える行為なんだと思ったんですよ」

それでも子供が欲しいという気持ちはあったそうです。

「2歳下の妹が結婚し、子供が生まれたのが、私が30歳の時。それまで両親からのプレッシャーもあったし、子供は欲しいと思っていました。でもそれから、妹夫婦に子供が年子で3人も授かった。そのあまりの大変さに、両親は何も言ってこなくなりました」

妹さんは子供が生まれてからも、自分の夫を大切にしていました。

「私は自分が不倫している相手から、『カミさんが子供にかまけて俺をゴミ扱い』みたいなことばかり聞いていたんですよ。だから、子供を産んでも夫に優しくする妹が新鮮でした。3人目の子供が生まれた5年後に、妹は離婚するのですが、原因を聞いたら『旦那の浮気。私があんなに育児で辛い思いをしていたのに、あいつは浮気をしていたんだよ。ホント、クズ』と吐き捨てていました」

妹の夫は正真正銘のゲス男だった

1 2
アプリ 婚活 セカンド 不倫 アラサー 浮気 貧困女子 仕事運 恋愛 その1 恋愛運 浮気事件簿 結婚 金運 占い アラフォー キャリア 運勢 恋愛講座 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。