堅実女子ニュース&まとめ ゲームは1日1時間!子どものスマホやゲームの利用を自治体が規制すべきか?

「ゲームは1日1時間」

これは80年代に活躍した高橋名人の名言ですが、アラフォー世代の堅実女子なら記憶にある人も多いかもしれません。この名言からおよそ30年以上が経過した現在、香川県がゲームやスマホの利用を1日あたり平日60分に制限する条例の制定を目指していることをご存知でしょうか?条例では高校生は夜10時、幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降の利用を制限することが盛り込まれているそうですが、罰則規定はありません。

条例賛成は約半数!その一方で「条例にしてまでやること?」の意見も

「ほけんROOM」では小学生以下の子供がいる親を対象に、ゲームの規制について意識調査を行なっています。まずはこの香川県の条例案についてどう感じるのか尋ねてみたところ、以下のような結果となりました。

結果はまさに賛否両論!

「良いと思う」「どちらかというと良いと思う」を合わせた数は49.75%。約半数が賛成していることが分かりました。賛成している理由としては「ゲームよりも他の遊びの方が脳の刺激にもなりそうだから」(20代女性)、「本来なら各家庭で教育すべき事柄だが、共働き世帯などでは育児に時間をかけてられないのが現状なので」(40代女性)といった意見がありましたが、その一方で残りの半数は「どちらとも言えない」「どちらかといえば良くないと思う」「良くないと思う」と回答しているのです。その主な意見は次の通りとなりました。

「条例にしてしまえば、親の言うことを聞かない子供へも説明が出来る。ただ条例にしてまでやることなのかと、思う部分もあります」(30代女性・どちらとも言えないと回答)

「今はゲームも職業になってる時代なので、自分のやりたいことを依存するのもいいのではないかと感じている」(30代男性・良くないと思うと回答)

まさに賛否両論。いずれの意見も頷ける部分があるように感じます。

1 2