堅実女子ニュース&まとめ ゲームは1日1時間!子どものスマホやゲームの利用を自治体が規制すべきか?

いまの時代も「ゲームは1日1時間」は不変だった!

ちなみに「ゲームは1日1時間」の名言の主である高橋名人は香川県の条例について自身のブログで「マナーやルールとして言うべきであって、国や県が条例などの法律で縛るまでの事では無いかなと思っています」と、やや否定的な意見を述べています。確かにゲームは1日1時間を自治体が条例で守らせようとすることは、賛否が分かれる部分。本来は親は先生、学校が指導するべきことという意見もありますが、実際親たちは、子どものゲームのプレイ時間に何かしらの制限を設けているのでしょうか?同調査によるアンケートの結果は次の通りとなりました。

ルールもないし注意もしていない人はごくわずか。やはり何かしらの制限はしているようです。

全体の45.2%の方がルールを設けていることが判明。「ルールはないが、やりすぎたら注意している」(25.0%)、「ルールはないがこれから設けるつもりだ」(15.1%)も合わせると、基本的に多くの家庭でゲームの時間を何かしらで制限していることが分かります。

また大人がルールとして定めている1日のプレイ時間については、以下のような結果となりました。

  • 子どもの1日のゲームプレイ時間は何時間にするべき?

30分以下……12.7%

1時間……47.6%

1.5時間……11.4%

2時間……15.7%

2時間以上……12.6%

全体の平均時間は1.183時間ですが、圧倒的に多いのは高橋名人の名言であり、香川県が条例で定めている「1日1時間」となりました。こう考えると制定の内容は間違っていないといえそうです。

今はスマホゲームも子どもに大人気です。

ただ高橋名人もブログで言及していましたが、今の時代は公園でもボールを使った遊びが禁止され、さらに家に友達を呼ぶことを嫌がる家庭もたくさんあります。つまり、友達と遊ぶ子どもの居場所が昔ほどないのです。ゲームを規制するのはいいですが、だったらどこで何をして遊べばいいのか?自治体はその点も真剣に考える必要があるのではないでしょうか?

【調査主体】
ほけんROOM
https://hoken-room.jp/money-life/7950

1 2