堅実女子ニュース&まとめ 「フロリダ」はもう死語だった!?10代女子が選んだ「もう使いたくない若者言葉・略語TOP10」

いつの時代も大人には理解不能な流行語を生みだす10代女子。また新たに生まれる言葉がある一方、いつの間にかまったく使用しなくなる流行語も存在します。そのサイクルは早く、大人がようやくその言葉の意味を認識しはじめた頃に、もう時代遅れ……なんてこともあるようです。

コギャル文化の遺産「チョベリバ」は、今の10代女子でも認識!

そこで今回ご紹介するのは、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」が調査した「もう使いたくない若者言葉・略語TOP10」。まずはランキングを一気に発表。まずは上位ベスト3をチェックしていきましょう。

「ワクテカ」はネット用語として活用したことがある堅実女子も多いのではないでしょうか?

  • 1位 じぇじぇじぇ

この言葉が流行したのは2013年。当時大ヒットとなったNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に登場した、びっくりするときなどに使われる東北地方の言葉でした。とはいえもう7年前の言葉なので、時代遅れになるのは仕方がないところ。ちなみにこの年は「ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞」に、林修先生が出演していた予備校のテレビCMの決めセリフ「今でしょ!」も同時受賞。こちらはランク外なので、今使ってもアリなのでしょうか?

 

  • 2位 ショッキングピーポーマックス

2016年頃にSNSを中心に話題になった言葉で、意味は「超ビックリ!」みたいな、ものすごく驚いている時に使われます。しかし今では「かつてこのような言葉を使っていた世代や文化があり、それは二度と繰り返してはならない」という戒めのために使う10代女子も多数。なぜか相当嫌われているようです。

 

  • 3位 チョベリバ

これは約20年前のコギャルブームに誕生した代表的なギャル用語で、リアルに使っていたコギャル世代の堅実女子も少なくないのでは?もう使いたくないと言われる以前に、今の10代がこの言葉を認知していることがまずビックリ。コギャル文化を伝える貴重な遺産として、今でも語り継がれているのかもしれません。

1 2