【勤続10年女子】社内恋愛・不倫の多い会社で5年不倫、本音は「ホントの妻は私」~その2~

【勤続10年女子】社内恋愛・不倫の多い会社で5年不倫、本音は「ホントの妻は私」~その2~

大卒の新卒入社した社員の、入社3年以内の退社が30%とも言われている現代。正規雇用ではない派遣やパート、フリーランスという働き方が多様化する中で、アラサー、アラフォーともなれば勤続10年近くになる社員もいる。

そんな「勤続10年女子」の本音に迫っていく。

小泉尚子さん(仮名・33歳)は、社員1000人規模の中堅商社の総合職として勤務し11年。その半分近くの年月を、同期と社内不倫しているという。

その1はこちら

社内恋愛Wikipediaに記録が残るのを避け、用心深く過ごしていた尚子さんの「同期と5年不倫」の内容を伺った。

「たぶん、会社で気づいている人はいないと思います。10年も勤務していると、社内の噂は自然に耳に入ってくるけれど、私と彼との噂話は全く聞きません」

不倫相手の彼は、理系の真面目男子。

「決してモテるタイプではないけれど、浮ついた人が多い中で、地味で堅実で落ち着いている。あまり人に心を許さないのですが、なぜか私とは気が合って、男女の友情みたいなものが最初から芽生えていたんです」

尚子さんも、どちらかというと地味なタイプ。ただ、着ている服をよく見ると、かなり凝った造りの高級素材であり、独自の美意識が伺える。

「最初に彼とそういう関係になったのは、入社1年目。同期会の後に、酔ってホテルに行って、朝起きたらお互いに服を着ずに眠っていた。していないかと思ったけれど、まあそういう痕跡もあり、体に違和感もありましたし。当時、私には恋人がいたので『これは一夜の過ち』としてスルー。向こうも何も言ってこなかったんです」

「なかったこと」にしてから半年後、またそういう機会があった。

「2回目があると、こっちもそれなりに覚悟をして、月一で会うようになり、その間隔がどんどん狭くなっていった。部署も離れているけれど、同じ会社で仕事をしているから、彼の案件に必要な情報や社内人脈を提供できる。ネットでニュースを見て、スクショして送ったりして、今も陰ながらサポートしています。知り合って10年以上、公私ともに言葉にしなくても通じ合う部分が多いから、ある意味“古女房”だと思います」

しかし、彼には戸籍上の“女房”がいて、4歳の娘もいる。

「彼が結婚したのは、28歳の時。私は物事を悪い方に考えるんですよ。当時、彼との間に結婚の話が出た。ホントは嬉しかったんですが、ひねくれ者だから『もし離婚した時に、この会社にいられなくなったら困る。だから結婚は考えさせて』とつい言ってしまったんです。彼は私のことが好きだとわかっていたら、追いかけてくれると思った。でも、『そっか』と言って距離を置かれたんです。信じられませんよね。それから、3か月後に彼は高校の同級生と結婚。同期だから結婚式に招待されたし、祝福もしましたよ。彼の妻はもっさりした女性で、ドレス姿もかわいくなかった。その時、私は年収3000万円の投資会社に勤務する男性と付き合っており、『勝った』と思いました」

勝ったつもりが負けていた

1 2
アラフォー 恋愛 アラサー アプリ 浮気事件簿 結婚 貧困女子 仕事運 運勢 美人探偵 キャリア 金運 浮気 婚活 不倫 占い セカンド 恋愛運 恋愛講座 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。