堅実女子ニュース&まとめ みんなの平均はいくら?義理チョコは872円、本命チョコは1745円、一番予算が高いのは自分チョコだった!

バレンタインデー直前! そろそろギフトを買いに行かないと!と焦っている人も多いはず。本命チョコ、義理チョコ、友チョコ……なんて考えていると意外と出費も多いし、みんなどれくらい付き合いであげているの?なんて悩んでいる人も多いのでは? 

そこで今回は、株式会社インテージが全国の16歳~69歳までの男女2400人に行なったみんなのバレンタイン事情を発表。まだ迷っている人は、ぜひギフト選びの参考にしてみてください。

約7割の女性がバレンタインのチョコを用意している

バレンタインなんてチョコレート会社の策略よね~なんて思っていても、ついつい買ってしまうバレンタインギフト。強制ではないと思っていても、会社の雰囲気や友達同士のノリで用意することになったという人も多いのでは?今回のアンケートによると、「個人で渡す予定はない」という女性は全体の29%。つまり女性の7割が個人的にチョコ用意することが判明。特に30代の女性は多く、約8割が何かしらのチョコを用意する予定だということがわかりました。

では、みんな何チョコを用意しているのでしょう?

男性から女性に渡す「逆チョコ」は、全体の1.3%。「逆チョコ文化」はまだ浸透していないよう。

もっとも多かったのは、女性のほぼ半数が用意する予定と答えた「家族チョコ」。中でも30代・40代はどちらも55%と高い結果になりました。次いで多かったのが、女性の22%が用意する予定という「自分チョコ」。特に30代では、仕事や子育てに奮闘する自分へのご褒美として、3割以上の人が購入していることがわかりました。

そのほか、全体では1~2割の人が「世話チョコ」や「友チョコ」を用意。ちなみに10代は「友チョコ」が6割を超えることが判明。一方で「義理チョコ」は意外にも1割程度と少ないことがわかりました。では「本命チョコ」は?20代以降は「家族チョコ」に移行している人が多いためか、全体では14%でした。

昔は本命以外は「義理チョコ」でしたが、最近はお世話になった人に贈る「世話チョコ」、友達に贈る「友チョコ」へと名前が細分化しているのかも……。

では、みんなの気になる予算はいくらなのでしょう?

1 2