【セカンド女子】「君は頑張ってるよ」不倫の常套句に、プライドが肥大した美人が陥りがちな理由~その1~

【セカンド女子】「君は頑張ってるよ」不倫の常套句に、プライドが肥大した美人が陥りがちな理由~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるIT企業の広告営業部で働いている高島祐子さん(仮名・36歳)。茶色のショートカットに、ややつり上がった大きな瞳や大振りのピアス、マットで赤いリップが印象的でフェミニンさを感じます。服装はベージュのロングニットワンピースを一枚で着こなし、体のラインは見えていないものの、チラリと見える鎖骨などから華奢さがうかがえます。美人な顔立ちからややきつそうな第一印象を抱かせる祐子さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は愛知県で、両親と2歳上に姉のいる4人家族です。私の家族は、基本は仲良しなんですが、私と姉は顔がそっくりで、何かとよく両親からというよりも周りから比べられて育ちました。姉のほうが勉強もできたし、運動神経もあって、典型的に先生に気に入られるタイプで、私は中の中というか、本当に特技なんて何もなくてすべて普通。私は目立つことが嫌いだったのに姉が生徒会をしていたからと、先生に立候補を強要されたこともあります。小さい頃から姉への劣等感はずっと持っていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「初めて彼氏ができたのは大学生になってからなんです。優秀な姉とは違う高校に進学した後、すごくちやほやされることが増えて、何度も告白されたこともあります。でも、よくも知らない人と付き合えるわけもなく、何度かお断りをしていると高嶺の花みたいなイメージを勝手に作られて……。男友達さえ1人もできませんでした。

大学は勉強を頑張って、都内の有名私大に進学しました。初めての彼氏は同じ大学の、ちゃんと好きになった人でした。でも、恋愛経験者みたいな態度を取ってしまって、初めての彼氏だとは東京の友人の誰にも言えなくて、彼にも一度も素直に甘えることさえできませんでした。会話が徐々に無くなってからはフラれるじゃないかと不安になって、自分からお別れを言いました。言い訳だけど、高校時代のモテを引きずってしまっていたんだと思います」

その彼氏と別れてからも、第一印象で気に入ってもらえることはあるものの、付き合うまでの進展はならず。しかし、モテない自分を認められなかったとか。

「合コンに参加して、何度か気に入ってもらえる人ができて、私もその人のことが気になっていたとしても自分からアクションが起こせない。断られることよりも、断られたこと、しつこかったことが周りの友人に暴露されてしまったら、自分のイメージが崩れてしまうって思っていました。周りに自分のイメージなんて聞いたこともないのに、勝手にモテキャラを作っていたんですよね。だから自分から告白なんてできるわけもなく、ずっと彼氏がいないキャラもなんとなくイメージと違うと思って、架空の彼氏を作ったこともあります(苦笑)」

弱さを指摘されると、プライドの高い美人ほどあっさり落ちる

1 2
結婚 浮気事件簿 占い キャリア 恋愛運 金運 アラサー 仕事運 その1 貧困女子 婚活 浮気 アプリ アラフォー 運勢 恋愛講座 恋愛 不倫 セカンド 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。