【セカンド女子】「君は頑張ってるよ」不倫の常套句に、プライドが肥大した美人が陥りがちな理由~その1~

【セカンド女子】「君は頑張ってるよ」不倫の常套句に、プライドが肥大した美人が陥りがちな理由~その1~

そんな一見勝気に見える女性がハマってしまう恋愛パターンの多くは、弱さを指摘されたとき。例に漏れず、祐子さんもその1人。社会人になった祐子さんは友人と入った居酒屋で、隣のテーブルの2人組の男性に声をかけられます。先に友人たちが意気投合したことで、余った2人で一緒に飲むことになっただけの男性がその相手でした。

「最初から、安いチェーン店で声をかけて来るなよと少し引いていました。それに、仕事の愚痴を女同士で言い合うストレス発散の場だったのに……。こちらから特に会話することもないので、手持ち無沙汰でその日はいつもよりも飲んでしまったせいもあって、気づいたらその男性に会社の愚痴を思いっきり吐いていました。その時に彼は、頑張っている私の弱さを肯定してくれたんですよ。それにコロッといってしまいました」

彼は7歳上で、薬指には最初から指輪が光っていました。お互いに一度きりのことと割り切り、連絡先を交換することはなかったそう。しかし、その居酒屋で再会してしまいます。

「2度目なんて、ただの偶然なのに、色眼鏡で見てしまっていたから運命なんて言葉をお互いが使ってしまって。その日も体の関係を持ち、私は自分から『迷惑をかけないからこれからも会ってほしい』と言ってしまいました。なんであんなことを言ったのか、割り切っているんだと、重い女にはどうしても見られたくなかったのかもしれません」 

プライドが高い女性には、頭ポンポンも効果的。

彼の職場は祐子さんの職場から近いことがわかり、家に入り浸るように。初めて見る、異性の気を許してくれる姿に、祐子さんは包容力を駆使して彼をつなぎとめようと……。 ~その2~に続きます。

1 2
婚活 その1 運勢 浮気事件簿 恋愛講座 仕事運 恋愛運 浮気 アラサー 美人探偵 セカンド 貧困女子 占い アプリ 不倫 恋愛 結婚 アラフォー 金運 キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。