母性内科・荒田尚子先生のプレコン講座6| モデル体重維持が将来の妊活リスクになることもあります

母性内科・荒田尚子先生のプレコン講座6| モデル体重維持が将来の妊活リスクになることもあります

肥満の人のリスクも高い

一方で、肥満の問題もあります。痩せすぎだけでなく、若い女性の肥満もやや増加傾向にあります。ちなみに肥満とはBMI=25以上です。

肥満や過体重の妊婦さんは約1割いらっしゃる。その出産時のリスクとしては、まず過体重児の出産です。胎児が大きくなりすぎて帝王切開になる率も増えます。妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病のリスクも高くなります」(荒田先生)

妊娠高血圧症候群とは妊娠後半に高血圧を発症することです。20人に1人の割合で起こります。もともと高血圧や肥満、糖尿病などの症状のある人がかかりやすいのです。

妊娠糖尿病は妊娠中に発見される軽い糖代謝異常です。10数人に1人の割合で診断されます。いずれも、帝王切開が増えたり、胎児への影響が起こりうる合併症です。また、妊娠してから初めて妊娠前からあった高血圧や糖尿病に気づくというパターンも少なくありません。

高血圧や糖尿病ときくと中高年以降のイメージが強く、20代、30代で気にする人は少ないですよね。しかし若いうちから高血圧、糖尿病、その傾向のある人はいます。「まだ若いから関係ない」とは言い切れないのです。生活習慣病の予防も、プレコンケアのひとつなのです。つまり、プレコンケアと生活習慣病の予防はつながるということ。まだ若いから〜と油断しないで!

痩せすぎが妊娠・出産時のダメージリスクになるって本当?

賢人プロフィール

 width=  医師荒田尚子
国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 母性内科 診療部長、妊娠と薬情報センター兼務。次世代を担う健全な子どもの出生と成長も考慮した“女性医療”を内科の立場から提供している。専門は妊娠に関連した甲状腺疾患・糖代謝障害。2015年11月に成育医療研究センター内にプレコンセプションケアセンターを立ち上げた。
https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/preconception/

構成/佐藤恵菜

1 2
その1 金運 キャリア 結婚 不倫 仕事運 恋愛運 運勢 浮気事件簿 占い 恋愛 恋愛講座 浮気 アプリ 美人探偵 セカンド アラサー 婚活 貧困女子 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。