【セレブ妻やめました】年収2400万円の夫がある日突然、無職・無収入に~その1~

【セレブ妻やめました】年収2400万円の夫がある日突然、無職・無収入に~その1~

「ある日、突然、高年収だった夫が仕事を辞めた……」「高年収の夫とどうしても離婚したくなった」

そんな“事故”ともいえる事態に直面した時、妻はどうするのか。

年収1000万円以上の夫がいる妻を“セレブ妻”とし、高年収の夫が無職になったり、離婚したりした背景と、妻の考えを紐解いていきます。

今回は、この連載を執筆する、ライター片岡文子(42歳)の実体験を紹介。2歳年上の、年収2400万円の夫が無職になった瞬間の絶望と、生活と家族を守るために、実践したことを紹介します。

ベンチャー企業に転職し、年収は増え続けた

私が27歳、夫が29歳の時に結婚しました。夫は「素直でいい奴」を地でいくイケメンで、“大卒のマイルドヤンキー”でした。

結婚当初、小さな広告代理店に勤務していた夫の年収は300万円。子供がすぐに授かり、夫は「こんなに収入が少ないと、子供と楽しく生活ができない」と、WEB周りのビジネスを展開するベンチャー企業に転職。年収が500万円になりました。

夫はそれにやる気を出し、ある事業を立ち上げます。それが即座に大当たり。夫は入社からたった半年で、年収が1500万円と3倍になりました。

その後、15年間その会社に勤務していたのですが、ゲームのように収入は増え続け、44歳の11月に会社を辞めたときは年収2400万円になっていたのです。

一方、私はといえば、子育てを優先で細々とフリーランスのPRやライティングの仕事を地味に続けていました。もちろん育児はワンオペ。加えて実家の親のケアに忙殺されるうちに、月日は流れ、娘は14歳の中学2年生に。気が付けば授かっていた息子も11歳になっており、中学受験にも本腰が。年収2400万円とはいえ、税金や社会保険料が差っ引かれ、手取り年収は1200万円程度。「そろそろ本格的に仕事復帰しなくちゃな……」と思いながらも、高年収夫に甘えながらグダグダ過ごしていたのです。

毎月100万円以上入ってくる生活が10年以上続いた

1 2
アラサー 不倫 恋愛 アプリ アラフォー キャリア 貧困女子 金運 セカンド 婚活 浮気事件簿 占い 運勢 恋愛講座 浮気 結婚 美人探偵 仕事運 その1 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。