堅実女子ニュース&まとめ 少数派でも確実に存在する!感染症や風邪でも絶対にマスクを着けない人の特徴

猛烈な勢いで感染が拡大するコロナウイルスの影響により、街ではマスクを着用する人が格段に増えています。厚生労働省ではマスクによるウイルスの感染予防について「混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では、一つの感染予防策と考えられる」としていますが、今のご時世どのくらいの人が外出時にマスクを着用しているのでしょうか?

自分が感染症にかかってもマスクを着けない人は7.8%

そこで今回ご紹介するのは、株式会社エアトリによる「マスクの着用に関するアンケート調査」です。まずは「自身が風邪などの感染症にかかっている時」、「感染症が流行っている時」、「いずれでもない通常時」それぞれにおけるマスクの着用頻度に調査。結果は次の通りとなっています。

感染症が流行っていない通常時でもマスクを着ける人は9.9%。これらの人はよっぽど意識が高いのか、それともマスクを着けているのが好きなのか……。

コロナウイルスはもちろん、インフルエンザも流行っている今の時期は「感染症が流行っている時」に該当していますが、その状態で一番多かったのは「常に着ける」で47.8%。「着けない」という人は13.9%しかおらず、危機意識の高さを感じる結果となりました。

しかし、一方で注目したいのは「自身が風邪などの感染症にかかっている時」にもかかわらず「着けない」と答えた7.8%。また「時々着ける」と答えた人も21.3%になっており、人にうつす危険性があるにもかかわらずマスクを着けない人は一定数いることが判明しました。

マスクは鼻まで覆うように着けないと意味がありません!

1 2