【セレブ妻やめました】今すぐ月18万収入を上げるには?「金が減り続ける」の転落の日々~その1~

【セレブ妻やめました】今すぐ月18万収入を上げるには?「金が減り続ける」の転落の日々~その1~

新しい物件の契約に使ったお金は60万円

その時に、心配だったのはマンションの退去時にかかる費用。12年住んだ都心のマンションは、入居時に子供が小さかったこともあり、壁紙はボロボロで落書きもされており、木の床は傷だらけでした。「敷金以上のお金を請求されたどうしよう」とドキドキしながら退居日を迎えます。というのも独身時代に4年間住んでいた分譲賃貸マンションは、キレイに使っていたのにも関わらず敷金が全額還ってこなかったからです。

管理会社の女性が立ち会いに来て、部屋状況をチェックします。いったいいくらかかるんだろう……。結論から言うと、その心配は杞憂で、敷金が丸ごと還ってきたのです。

私が大家さんなら、ここまで傷だらけにされたら怒りが収まらず、敷金は全額返さないどころか追加で請求するでしょう。それなのになぜ?

「退去時のチェックは条例に則って行なっています。片岡さんの場合、12年お住まいなので、壁紙の減価償却(6年)が終わっていますので請求しません。床は通常で生活しているレベルの傷です」とのこと。

さすが、大手不動産会社が運営するブランドマンション。基準は感情ではなく法律。一定の条件を満たしていたために、退去時のハウスクリーニングも免除。24時間ゴミが出せたので、ギリギリまで引っ越しの準備ができたことも魅力でした。引っ越し業者は離婚したママ友に教えていただいた、激安かつ丁寧な個人経営の会社。

42歳……周囲の人も人生を激変させており、なんでも相談すると同志として親切に教えてくれるものだと。

引っ越しと同時に、夫のうつ病の看病も同時進行。医師の助言を夫の性格に合わせてアレンジし、食事を整え、達成感がある家事メニューを立て、夫の話を聞く。アグレッシブだった夫は、私や子供たちと話している以外は、薬を飲んでひたすら寝ている。

印象的だったのは、セレブマンション最後の晩餐時に中2娘が「やっと会社からお父さんが、帰ってきた」と言ったこと。そのとき、夫はうつの治療の一環として、「きゅうりの塩昆布和え」を作っていた。それを食べながらの娘がポロリとこぼした言葉は、夫に新たな人生の見方を示したようでした。

ちなみにウチの子供たちは、父親が土日も働いていたので、ほとんど話したことがありません。お父さんと言うのは、「たまに家にいて、遊んでくれる男の人」だったのだと感じます。

退職を機に家庭の金融資産を棚卸。中途半端なセレブだったので、ビットコインに40万円投資していたが、売却。大損した。

300万円の貯金が尽きるまでに、月収18万円を倍増させなければならない~その2~に続きます。

1 2
婚活 アプリ その1 不倫 恋愛 結婚 運勢 セカンド 金運 アラサー 浮気事件簿 キャリア 仕事運 占い 浮気 貧困女子 アラフォー 恋愛講座 恋愛運 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。