【セカンド女子】社内一の愛妻家のはずなのに!?実家にも顔を出す、恋愛体質の不倫男~その1~

【セカンド女子】社内一の愛妻家のはずなのに!?実家にも顔を出す、恋愛体質の不倫男~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある動画配信サービスを行なう会社の人事部で働く上村梓さん(仮名・31歳)。胸の上辺りまである茶色の髪は毛先がふんわりと巻かれていて、肌にはややそばかすが目立つものの、色白できめ細かくキレイです。服装は黒のストレートワンピースにミリタリーシャツをルーズに合わせており、ピアスや指輪などはひと目でわかるようなメジャーなブランドのもので、男性にプレゼントされたものなのかと憶測してしまいました。梓さんは現在進行形のセカンドなのか。また、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は広島県で、母親と3歳上に姉のいる3人家族です。広島に住んでいたのは高校生まで。両親が離婚して、母親の実家がある東京に住むことになりました。今姉は嫁いでいないので、母親との2人暮らしです。

父親の印象はあまりないですね、離婚よりもずっと前から家にほとんど帰ってきていなかったから。大人になってから聞いたんですが、父親は私が小さい頃から離婚を母親に迫っていたのに、ずっと母親が拒否していたみたいなんです。そこまでして父親をつなぎとめたかった気持ちは、まったく理解できません。そんな両親を見ているので、結婚願望は昔からあまりなかったですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年の時です。決してませていたわけでもなく、周りの友人も彼氏がいる子が多くて、グループ交際みたいな感じでした。クラスで仲の良い男女で遊ぶようになって、そこからカップルが何組もできて、私もその中の1人と付き合いました。その子のことは最初こそみんなにくっつけられたようなものだったのに、初めての彼氏だったこともあり、めちゃくちゃ好きになりました。

彼とは何度もケンカをして、その度に別れたり、仲直りでくっついたりを繰り返し、高校は別々だったけど計4年くらいは付き合いましたね。別れたきっかけは、いつも通りケンカ別れをして、元に戻るタイミングを見失ってしまって、ですかね。お互い自分から連絡するもんか!って意地が動いてしまったんだと思います」

高校卒業後は両親の離婚もあり、都内の大学へ進学。付き合うと思って体を許した男性とは体の関係だけがズルズルと続き、さらには複数の男性とも関係を持つように。悪い意味で東京に染まったと梓さんは振り返ります。

「最初はその男性と付き合うつもりでした。彼は同じ大学の一浪していたから1つだけ年上で、同じ授業を受けていた友人です。好きだったから体の関係を持ったんです。でも、相手から誘われることはあるものの、付き合うといった言葉はなくて。何度もその言葉を期待して会って、ただ体の関係だけで終わる。そんなことを何度も繰り返して、麻痺しちゃったんですよね。一緒にいれるんだから、付き合うとか別によくない?って。東京って、異性と付き合うよりも、もっと楽しくて刺激的なことがいっぱいあった。だから、誰か1人とずっと、というのを一番に考えなくなったんだと思います」

社内のお局さまの影響で、ある男性に興味を持つように

1 2
その1 不倫 恋愛運 アラフォー 婚活 貧困女子 結婚 恋愛講座 美人探偵 占い アプリ 恋愛 浮気 アラサー 金運 仕事運 セカンド 浮気事件簿 キャリア 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。