堅実女子ニュース&まとめ ベッキーが、なんだかスゴイことになってる!『初恋』は三池崇史監督による「さらば、バイオレンス」な映画、なの!?

強烈で濃厚なキャラが続出

ヒロインのモニカを演じるのは、オーディションで選ばれた新人の小西桜子です。だからこそと言いますか、“不遇な家庭環境を抱え、借金のカタにヤクザに囚われる少女”という役をひたすら追いつめられた様子で必死に演じます。それでいて三池監督から容赦ない汚れ演技を求められても、画面にはどこかモニカの清らかさが漂うのです。こんな味わいは、まだ演技を始めたばかりの純な女優さんにしか出せないでしょう。

モニカだけではありません。この映画はそれぞれにツボを抑えた強烈キャラが続出します。まずはレオとモニカの出会いの場面に居合わせる大伴役の大森南朋。ヤクザと裏でつながる悪徳刑事を、くたびれていながらもわずかに色気を漂わせつつ演じる大森。さすが傑作『殺し屋1』コンビ!三池監督との相性のよさはバツグンです。そしてつい先日まで西島秀俊に「シロさんっ」とか言って、さりげなくしなをつくる姿が愛らしかった内野聖陽が180度変身、昔気質の武闘派ヤクザである権藤をめっちゃ骨太に演じます。役者ってスゲ~。

そして助演男優賞モノ!の演技を見せるのが、大伴と裏で通じる策士のヤクザ、加瀬を演じる染谷将太です。そもそもこの役はおいしい。組織のなかでうまく立ち回り、その裏で刑事である大伴と通じてうまいこと大金をせしめようとします。ですから幾重にも嘘をつくし、トボけたりもする。でもそこまで切れ者でもなくて隙があったり運が悪かったりして、文字通りに踏んだり蹴ったりな目に遭うのですが、そんな役を染谷はさすがの呼吸で、ツボを決して外さず、絶妙な塩梅で演じていきます。ベテランかよ!とツッコみたくなる巧みさ。笑いもイケるところが俳優としての奥行を感じさせます。
面白い映画って、隅々までキャラクターがナイス!なんですよね。

加瀬役の染谷将太(左〉と、大伴役の大森南朋(右)。悪~いコンビ。

絶叫するベッキーと暴れん坊監督、三池崇史の華麗なる復活!

そしてベッキーです。彼女が演じるジュリは、半ぐれあがりの恋人のヤス(←演じる三浦貴大もいい感じ)の命を奪われ、復讐に燃える女。ヒョウ柄のパーカに、ホットパンツからにょきっと太ももを丸出し、オーバーサイズのトップスからのぞく、カワイイ犬のキャラ入りもこもこ毛糸のパンツを着ていたりします。スタイル抜群なベッキーなので、そんな衣裳もばっちり。ジュリは愛するヤスの死をチャイニーズマフィアの仕業と考えて復讐の鬼と化すのですが、この“鬼”ぶりがハンパないのです。捨て身にして超全力。いや~~、観ていてスカッ!とします。このタイミングでこの役を彼女にオファーした時点で成功と思えるのです。

そして映画は、全編ハイテンション。まるでオリジナルビデオを縦横無尽に撮っていたころの三池監督の作品のようです。しかも自己模倣に終わらず、確実にその先へと行ってます。窪田正孝に染谷将太と、若手俳優たちの演技も自由で的確で、脇を固めるベテランの味わいも隅々まで活きています。激しくて間が抜けていて笑えて、人間ドラマとしての奥行きがあるのです。

ちょうどクエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』やマーティン・スコセッシ監督の『アイリッシュマン』を観たときを思い出しました。監督が自分の好きなものをとことん追及した映画って、楽しいよな~って。それで本当に「さらば、バイオレンス」なのか?は、劇場でご確認ください。

ベッキーが吠えてる!

文・浅見祥子

1 2