堅実女子ニュース&まとめ 迷信?それとも……「ひな人形をしまうのが遅いと婚期が遅れる」の真偽を検証してみた

3月3日はひな祭りでした。日本では昔から「ひな人形をしまうのが遅いと婚期が遅れる」という言い伝えがありますが、独身の堅実女子はちょっと気になりませんか?

そこで株式会社ネクストレベルでは30代の女性を対象に、この「ひな人形をしまうのが遅いと婚期が遅れる」の言い伝えがどのくらい当てはまるかを検証しています。

独身女性と既婚女性のひな人形をしまった時期を調査してみると……

そこでまず、30代女性の既婚者と独身者でそれぞれ、ひな人形をしまった時期を調査しています。ちなみにひな人形の老舗ブランド「吉徳大光」によると、しまう時期に“●日まで”といった決まりはないそう(※)ですが、同調査では桃の節句の3日後である「3月6日」を目安に調査。結果は以下の通りとなりました。

 

正式には、何日ににしまえばいいかは決まっていないそう。お日柄のいい日になるべくしまえばOKです。

「3月6日までにしまった」と答えた割合は、婚姻歴ありの女性が68.2%に。一方婚姻歴なしの人は60.2%と、8%の差が出ました。データ的には一応言い伝え通りといえますが、その差はわずか8%なので、誤差の範ちゅうともいえそうです。

とはいえ「ひな人形をしまうのが遅いと婚期が遅れる」の言い伝えは、どのくらいの女性が認識しているのでしょうか?知らなかったら検証の意味がなさそうですが、同調査によると全体の97.3%が「知っている」と回答。ほとんどの人が認識している結果となりました。知ったきっかけで一番多いのは、「言い伝えを周りの大人から聞かされていた」(87.2%)。この言い伝えはひな人形を飾る家では、まさに常識といえそうです。

※吉徳大光 https://www.yoshitoku.co.jp/hina/column/care/dolls-clean-up

段飾りになると片づけるのも簡単ではなく、ついそのままにしがちですが……。

1 2