堅実女子ニュース&まとめ 山手線「高輪ゲートウェイ駅」の名称はJKに意外と好評!一方で一番嫌いな駅は……?

JR山手線の30番目となる新駅「高輪ゲートウェイ駅」が、3月14日に開業します。この駅名はもともとJR東日本が2018年6月5日から約1か月間で駅名の一般公募を行ない、同年12月4日に発表されてものです。しかし公募で1位となったのは「高輪駅」(8398票)で、「高輪ゲートウェイ駅」は130位(36票)だったそう。そんな背景もあって賛否両論が巻き起こり、「高輪ゲートウェイ駅撤回運動」まで起きる事態となってしまいました。

JKの進言「反対してる人は固定概念にとらわれすぎ」

そんな高輪ゲートウェイ駅の名称について、株式会社アイ・エヌ・ジーでは女子高生を対象とした意識調査を行ないました。女子高生にとって山手線は渋谷や原宿といった流行スポットがあり、とても身近な路線です。高輪ゲートウェイ駅という名称は果たしてアリなのか?結果は次の通りになりました。

 

  • 女子高生にとって「高輪ゲートウェイ駅」はアリ?ナシ?

アリ……60.0%

ナシ……40.0%

 

半数以上が「アリ」で、意外に好評であることが判明。その理由について「パッと見で覚えやすいし、もう知名度が高いから」(M.N 高 2)、「近未来感あっていいと思う!」(K.N 高 1)、「印象的で忘れにくい」(A.T 高 3)、「反対してる人は固定概念にとらわれすぎ」(M.S 高 3)といった意見が寄せられました。逆に反対意見は「山手線の駅にカタカナは合わない」(M.M 高 1)、「山手線の中で浮いてて、日本らしくない」(T.M 高 1)といった内容でした。

そんな女子高生たちに高輪ゲートウェイ駅に行ってみたいかを尋ねたところ、68.0%が「行ってみたい」と回答。しかし開業日については、89.0%が「知らない」そうです。

1 2