堅実女子ニュース&まとめ 新型コロナウイルスでイベントが中止に…!中止や延期にまつわる英語表現は?

落ち着くどころか、世界中に広がりつつある新型コロナウイルス。すでにイタリアでは多くの感染者を出しており、スイスでも一人目となる感染者が見つかりました。アジア圏内だけではなく、ヨーロッパなどでも人から人による感染が拡大しています。この状況を鑑み、予定されていたイベントやコンサートなどが中止になるケースもしばしば。そこで今回は、中止や延期にまつわる英語フレーズをご紹介します。

学校の休校は「suspension」

筆者が暮らす香港では、1月末の旧正月明けから4月19日まですべての学校が休校になることが決定しています。休校など、通常であれば継続して行なわれるものが一時的に中断することを「suspension」と言います。

The school suspension has been extended to 20th April(休校が4月20日まで引き延ばされた).

香港では、2002年末から2003年にかけて大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の教訓から、今回の新型コロナウイルスの広がりを察知した時点で長期にわたる休校を決定しました。また、自主的にマスクを着用する人が増え、マスクを購入できない人が続出。それどころか、トイレットペーパーや米などを買い占める人まで続出し、極度の品薄状態が続きました。

最近では、除菌スプレーやアルコール消毒液も不足気味……。

このような買占めを、ニュースなどでは「buying frenzy」という言葉で表していました。「frenzy」は「激昂」や「狂乱・錯乱」などと訳されるため、「buying frenzy」を直訳すると「狂気の購買」となります。ちなみに、日本に来た中国人が行なっていた「爆買い」は、買い物をしまくると言う意味から「shopping spree」と英訳されることが多いです。「spree」は「酒宴・ばか騒ぎ・景気よくやること」を意味します。「buying frenzy」「shopping spree」どちらも購入にまつわるフレーズですが、意味合いやニュアンスは大きく異なりますね。

1 2